Google Maps APIs Premium Plan の概要

このページは、2016 年 1 月にリリースされた新しいバージョンの Google Maps APIs Premium Plan ユーザーを対象としています。

以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business を所有している場合は、Maps APIs for Work ライセンス ガイドをご覧ください。以前のライセンスがあるかどうかを確認するには、Google Cloud Support Portal で、左側にある [Maps: Usage Report] をクリックします。レポートの最上部にある ID が次の形式になっている場合は、新しい Premium Plan があります。
gme-[company] & proj-[number] ([type])
そうでない場合は、以前のライセンスがあります。

Google Maps APIs Premium Plan へようこそ。

Google Maps APIs Premium Plan にログインすると、指定した連絡先メールアドレスに Google からのウェルカム レターが届きます。ウェルカム レターには次の重要な情報が記載されているため、必ず身近な場所に保管してください。

  • プロジェクト ID
  • クライアント ID
  • クライアント ID の秘密暗号化キー
  • Google アカウント

パッケージの内容

Premium Plan では、Google の一連のサービスにアクセスできます。各 API には、デベロッパー ガイドや API リファレンス ガイドなど、総合的なドキュメントが用意されています。

ウェブ API ウェブサービス API Mobile SDK

1 Google Places API for Android と Google Places API for iOS は販売されていないため、Premium Plan に含まれていません。

2 Google Places API は、Premium Plan アセット トラッキング ライセンスには含まれていません。アセット トラッキング ライセンスを所有し、Places API の使用を希望する方は、Google Maps API 営業チームにお問い合わせください。

API のプロビジョニング

Google API Console プロジェクトでご購入いただいたすべての API が有効になりました。コンソールにアクセスするには、Google アカウントにログインして、プロジェクト ID を選択します。これで、Google Maps APIs for Business or Google Maps for Work or Google Maps の使用を開始できます。アカウントとプロジェクト ID はどちらもウェルカム レターに記載されています。

認証と承認

API にリクエストするには、API キーまたはクライアント ID のいずれかでアプリケーションを認証する必要があります。また、特定の API のリクエストではデジタル署名も必要です。

API キー

API キーを使用して、すべての API へのリクエストを認証できます。キーを作成するには、プロジェクト ID に関連付けられた Google API Console プロジェクトを使用します。API キーを使用すると、次の操作を行えます。

  • Google API Console ですべての API を管理する
  • Google API Console でアプリケーションのリアルタイムの使用状況データと 30 日間の使用状況履歴データにアクセスする

クライアント ID

API キーの代わりにクライアント ID を使用して、あらゆる API にリクエストすることもできます。ただし、Google Places API、Google Maps Geolocation API、Google Maps Roads API、および Mobile API(Android、iOS)を除きます。

クライアント ID を使用すると、次の操作を行えます。

  • Google Cloud Support Portal で 30 日間を超えるデータが反映された使用状況レポートを表示する
  • channel パラメータをリクエストに追加して、より詳細な使用状況レポートを表示する
  • Maps JavaScript API の Maps Analytics ツールを使用する

デジタル署名

一部の API へのリクエストでは、API キーまたはクライアント ID に加えて、プレミアム プランの割り当てと機能を利用するために一意のデジタル署名も必要です。デジタル署名は、ウェルカム レターに記載されている(Google Cloud Support Portal でも参照可能な)秘密暗号化キーを使用して生成できます。特に、次の認証方法を使用する場合はデジタル署名を使用する必要があります。

  • ウェブサービス API、Static Maps API、または Street View Image API にクライアント ID を使用する
  • Static Maps API または Street View Image API に API キーを使用する

詳細情報

API またはクライアント ID の使用方法およびデジタル署名の生成方法の詳細については、各 API の認証に関するドキュメントをご覧ください。

ウェブ API ウェブサービス API Mobile SDK

使用レートと使用制限

アプリケーションが Maps APIs Credits を消費する仕組みと、Google Maps APIs Premium Plan に適用される使用制限については、使用レートと使用制限をご覧ください。

レポート機能

Google Maps APIs Premium Plan では、作成したリクエスト、返されたエラーなど、アプリケーションの使用状況に関する詳細なレポートにアクセスできます。レポートツールとレポートで提供されるデータの詳細については、レポート機能の概要をご覧ください。

よくある質問

Google Maps APIs についてご不明な点がある場合は、よくある質問(FAQ)をご覧ください。

開始前のチェックリスト

Premium Plan を使用してアプリケーションの開発を始める際には、主なステップのチェックリストをご覧ください。

サポートを受ける

Google Maps APIs Premium Plan のユーザーは、Google Cloud Support Portal にアクセスして、サポートへの連絡先情報を参照したり、専用のツールやリソースを利用できます。詳細については、サポートとリソースをご覧ください。

Google Maps APIs オンボーディング ツール

Google Maps APIs Premium Plan を初めてご利用になる方は、Google Maps APIs オンボーディング ツールを使用して、Premium Plan ライセンスの使用を開始してください。

ライセンスの更新

Google Maps APIs for Work ライセンス、Maps API for Business ライセンス、または 2015 年に購入された旧バージョンの Premium Plan を更新する場合、次のリソースで追加情報をご覧ください。