Geolocation API: API キーの取得

注: 新規のお申し込み時または新規のお客様は、Google Maps Platform プレミアム プランをご利用いただけません。

Geolocation API を使用するには、API キーを使用してリクエストを認証する必要があります。API キーを使用すると、次の操作を行えます。

プレミアム プランのお客様が利用できるレポートをご確認ください。

API キーの作成

Geolocation API を使用するには、API キーが必要です。API キーは、プロジェクトに関連付けられたリクエストの使用や課金の認証に使用される一意の ID です。

API キーを取得するには:

  1. GCP Console の [プロジェクトの選択] ページで、API キーを追加する Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

    : プレミアム プランのすべての機能をご利用になるには、お客様のプレミアム アカウントに関連付けられたプロジェクトを使用する必要があります。ライセンスの購入時に、gme-[company] & proj-[number] ([type]) の形式のプレミアム アセット名がお客様に通知されています。適切なプロジェクトにアクセスするため、console.cloud.google.com/project/numbernumber はお客様のプロジェクト番号)を使用し、プロジェクト オーナーとして Cloud Console にログインしてください。プロジェクト オーナーはウェルカム レターに記載されています。

  2. [API とサービス] > [認証情報] を選択します。

    [認証情報] ページに移動

  3. [認証情報] ページで、[認証情報を作成] > [API キー] をクリックします。
    [API キーを作成しました] ダイアログで、新しく作成された API キーが表示されます。
  4. [閉じる] をクリックします。
    新しい API キーは、[認証情報] ページの [API キー] に表示されます。
    (本番環境で使用する前に、忘れずに API キーの使用を制限してください)。

リクエストへの API キーの追加

すべての Geolocation API リクエストに API キーを追加する必要があります。次の例では、YOUR_API_KEY を API キーに置き換えます。

https://www.googleapis.com/geolocation/v1/geolocate?key=YOUR_API_KEY

API キーの制限

API キーを制限し、許可したリクエストでのみ API キーが使用されるようにすることで、アプリケーションのセキュリティが向上します。以下の手順に沿って API キーの制限を設定することを強くおすすめします。詳しくは、API キーに関する推奨事項をご覧ください。

API キーを制限するには:

  1. GCP Console の [プロジェクトの選択] ページで、API キーを追加する Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  2. [API とサービス] > [認証情報] を選択します。

    [認証情報] ページに移動

  3. 制限を設定する API キーを選択します。選択した API キーのプロパティ ページが表示されます。
  4. [キーの制限] で、次の制限を設定します。
    • アプリケーションの制限:
      1. 指定したウェブサーバー IP アドレスからのリクエストを受け入れるには、[アプリケーションの制限] のリストで [IP アドレス(ウェブサーバー、cron ジョブなど)] を選択します。
      2. IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスを 1 つ指定するか、CIDR 表記を使用してサブネットを指定します(例: 192.168.0.0/22)。エントリを追加して [完了] をクリックすると、新しいボックスが表示されます。必要であれば、このボックスに別のエントリを入力します。
    • API の制限:
      1. [キーを制限] をクリックします。
      2. [API の選択] プルダウンで [Geolocation API] を選択します。
        (Geolocation API がリストに表示されない場合は、この API を有効にする必要があります)
  5. 変更が完了したら、[保存] をクリックします。

認証の問題のトラブルシューティング

リクエストの形式が正しくない場合や、署名が無効な場合は、Geolocation API から HTTP 403 (Forbidden) エラーが返されます。

URL を個別にトラブルシューティングするときは、URL Signing Debugger を使用すると便利です。これを使用すると、URL やアプリケーションによって生成された署名をすばやく検証できます。

プレミアム プランのお客様が個々の URL をトラブルシューティングするには、Google Cloud サポート ポータルにログインし、[リソース] > [Google Maps Platform プレミアム プランのオンライン ツール] > [ウェブサービスおよびイメージ API 向け URL Signing Debugger] を選択する方法もあります。