Google Maps Platform のリリース(インド): よくある質問

概要

このドキュメントでは、既存の請求先アカウントの移行および従量課金制の料金プランに関するよくある質問とその回答をご紹介します。

請求先アカウントの移行

料金



請求先アカウントが Maps Platform に対応しているかどうかを確認する方法を教えてください

Google Asia Pacific を通じて米ドルで課金される請求先アカウントは、Google Maps Platform サービスに対応しています。Google Cloud India を通じてインドルピーで課金される請求先アカウントは、Google Maps Platform サービスに対応していません。この情報は、請求先アカウントの請求書で確認できます。

プロジェクトの請求先アカウントが Maps Platform に対応していない場合は、対応している請求先アカウントに移行する必要があります。

Maps Platform 用に新しい請求先アカウントを作成する必要があるのはなぜですか?

Google Maps Platform サービスは、Google Cloud Platform サービスと同じ請求先アカウントを使用できません。インドルピーの請求先アカウントをお持ちのお客様が Google Maps Platform を引き続き利用するには、Maps Platform 用の新しい請求先アカウントを作成し、その新規アカウントに既存のマップ プロジェクトを移行する必要があります。

Maps Platform の請求先アカウントを使用する必要があるのは、どの API ですか?

Google Maps Platform の API を使用する場合は、Maps Platform の新しい請求先アカウントに課金されるようにする必要があります。

Maps Platform 用の新しい請求先アカウントは、いつまでに作成する必要がありますか?

Google Maps Platform のすべてのお客様は、2020 年 1 月 18 日までに Maps Platform 用の新しい請求先アカウントを作成し、既存のマップ プロジェクトをその新規アカウントへ移行する必要があります。

Maps Platform 用の新しい請求先アカウントを作成しないとどうなりますか?

2020 年 1 月 18 日までに請求先アカウントを作成しない場合は、Maps Platform を利用できなくなります。ただし、Google Cloud Platform は引き続きご利用いただけます。

Maps Platform の新しい請求先アカウントを作成するには、どうすればよいですか?

新しい請求先アカウントを作成する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console に移動します。
  2. 左側のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. ページ上部で既存の請求先アカウントの名前を選択し、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [アカウントを作成] を選択します。
  5. 請求先アカウントの名前を入力します。
  6. この請求先アカウントの支払い対象(この場合は Google Maps Platform)を選択します。
  7. [送信して課金を有効にする] を選択します。

デフォルトでは、請求先アカウントを作成したユーザーがそのアカウントの課金管理者になります。また、Google Maps Platform の料金は米ドルで請求されます。

Maps Platform 用の新しい請求先アカウントを作成しました。既存のマップ プロジェクトをこの新しいアカウントへ移行するには、どうすればよいですか?

既存のプロジェクトを新しい請求先アカウントへ移行するには、そのプロジェクトのオーナーであり、移行先の請求先アカウントの請求管理者またはプロジェクト管理者である必要があります。

請求先アカウントを変更するには:

  1. Cloud Console に移動します。
  2. 左側のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現在のプロジェクトにリンクされている請求先アカウントを選択するか([リンクされた請求先アカウントに移動])、または [請求先アカウントを管理] を選択して、このプロジェクト用に作成されている別の請求先アカウント(インドルピー)を選択します。
  4. 左側のメニューを開き、リストの一番下にある [アカウント管理] を選択します。
  5. 目的のプロジェクトの [操作] 列でその他アイコンをクリックし、[課金を無効にする] を選択します(この請求先アカウントから該当するプロジェクトが削除されます)。
  6. 請求先アカウントからプロジェクトが削除されたら、ページの上部にある [請求先アカウント] プルダウンを選択し、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  7. [マイ プロジェクト] に移動します。目的のプロジェクトの [アクション] 列でその他アイコンをクリックし、[お支払い情報を変更] を選択します。そのアカウントに関連付ける請求先アカウントを選択します。
  8. [アカウントを設定] を選択します。

(所有権を失ったなどの理由で)移行できないプロジェクトがあります。どうすればよいですか?

サポートにお問い合わせください。

新しい請求先アカウントは現在の組織に属していません。どうすればよいですか?

次の手順で、新しい請求先アカウントを既存の組織に移行します。

  1. Cloud Console に移動します。
  2. 左側のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. ページの上部の [組織] を選択し、[組織なし] を選択します。
  4. 新しい請求先アカウントの名前を選択します。
  5. 請求先アカウントを目的の組織に移行するため、[組織を変更] を選択します。

課金データのエクスポート設定は新しいアカウントに移行されますか?

いいえ。新しいアカウントで課金データのエクスポートを設定する場合は、まず、データのエクスポート先となる新しい BigQuery データセットまたは Google Cloud Storage バケットを作成します。次に、新しい請求先アカウントの [課金データのエクスポート] タブに移動し、そこで課金データのエクスポートを設定する必要があります。詳しくは、こちらの説明をご覧ください。

既存の請求先アカウントの予算を Maps Platform の新しい請求先アカウントに移行する方法はありますか?

いいえ。移行先の新しい請求先アカウントで、既存の予算とアラートをもう一度作成する必要があります。

既存の予算とアラートを確認する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console に移動します。
  2. 左側のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 左側のナビゲーション メニューで [予算とアラート] を選択します。

既存の請求先アカウントの IAM ロールを Maps Platform の新しい請求先アカウントに移行する方法はありますか?

IAM ロールを新しい請求先アカウントへ自動的に移行する方法はありません。新しいアカウントに手動で追加する必要があります。IAM ロールを移行するには、移行先の新しい請求先アカウントで既存のロールを作成し直します。

既存の IAM ロールを確認する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console に移動します。
  2. 左側のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. ページ上部にある請求先アカウントのリストを開き、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [請求先アカウントの管理] ページで、[有効なアカウントのみを表示] のリストを展開します。
  5. [すべてのアカウントを表示] を選択し、詳細を確認する古い請求先アカウントを選択します。
  6. 古い請求先アカウントを表示すると、ページ右側の情報パネルに現在の IAM ロールがリスト表示されます。[メンバーを追加] を使用して、新しい請求先アカウントに同じロールリストを作成します。

お支払い履歴は維持されますか?

いいえ。お支払い履歴は、常に請求先アカウントごとに生成されます。

移行後、インドルピーで支払うことはできますか?

Google Maps Platform の使用料は米ドルで請求されます。請求先アカウントの通貨がインドルピーの場合、新しい請求先アカウントを作成する必要があります。詳しくは、こちらの説明をご覧ください。

現在の請求先アカウントはどうなりますか?

現在の請求先アカウントをマップ使用料の管理でのみ使用している場合は、すべてのプロジェクトを移行した後で、その請求先アカウントを閉じてください。詳しくは、こちらの説明をご覧ください。

新しい請求先アカウントへの請求はいつ開始されますか?

2019 年 11 月 18 日にインドで Google Maps Platform がリリースされた時点で、新しいアカウントに請求されるようになります。

Maps Platform 用の新しい請求先アカウントを作成しましたが、問題があります

サポートにお問い合わせください。


料金

料金体系がどのように変更されたのか教えてください

従量課金制の新しい料金プランは、2018 年にマップ、ルート、プレイスに適用され、2019 年にインドへ導入されました。この料金プランでは、Google API を必要に応じて柔軟に利用でき、毎月、利用した分のみが課金対象となります。料金プランの違いに関する詳細は、API の請求の違いおよび Google Maps Platform の料金でご確認ください。

引き続き Google Maps Platform を無料で使用できますか?

はい。有効な請求先アカウントをお持ちのお客様は、マップ、ルート、プレイスを毎月 200 ドル分まで無料でご利用いただけます。現在、Google Maps Platform の API を使用している何百万ものユーザーの大部分が、このクレジットで Google Maps Platform を無料で使い続けています。

毎月 200 ドル分の無料枠で利用できるサービスを教えてください

マップ、ルート、プレイス、ゲームです。配車サービスやアセット トラッキングのソリューションでは、この無料クレジットをお使いいただけません。

無料クレジット(1 か月 200 ドル)の範囲を超えた場合、料金はどのようになりますか?

使用した分のみが課金対象となります。レートとお支払い金額は Google Cloud Platform Console でご確認ください。ここでは、使用量の予想外の増加に備え、1 日あたりの割り当てを設定することもできます。課金額が設定したしきい値に達したとき、通知メールが届くように設定することも可能です。

Google Maps Platform のプロジェクトで割り当て上限エラーが発生しました。どういう意味でしょうか?

サポートにお問い合わせください。

企業アカウントが必要になるのはどのようなときですか?

使用量が多く、ボリューム ディスカウント、高度なカスタマー サポート、オフライン契約をご希望のお客様は、企業アカウントの設定方法を Google にお問い合わせください。

現在、Google から補助を受けている非営利団体やその他の組織は、引き続き Google Maps Platform の援助を受けることができますか?

はい。非営利団体、スタートアップ、クライシス レスポンス、報道機関を支援する Google パブリック プログラムの対象サービスとして、新たに Google Maps Platform が追加されました。現在、Google for Nonprofits(非営利団体向けプログラム)を通じて Google Maps Platform の援助を受けているお客様は、Google Maps Platform のクレジットに移行していただきます。Google Maps Platform クレジットの申し込み方法については、こちらをご覧ください。