Places Android KTX の概要と設定

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Places Android KTX は、Places SDK for Android 用の Kotlin 拡張機能のコレクションです。これらの拡張機能を使用すると、Places SDK for Android 向けの開発を行う際に、簡潔でわかりやすい Kotlin を記述できる Kotlin 言語機能を利用できます。Places KTX はオープンソースで、例と合わせて GitHub で入手できます。

Places SDK の KTX をインストールする

Places SDK for Android に KTX をインストールするには、アプリレベルの build.gradle ファイルに次の依存関係を追加します。

dependencies {
    implementation 'com.google.maps.android:places-ktx:0.4.0'
}

Maps SDK V3 ベータ版で Places 静的ライブラリを使用している場合は、アプリレベルの build.gradle ファイルに次の依存関係を追加してください。

dependencies {
    implementation 'com.google.maps.android:places-v3-ktx:0.4.0'
}

サンプル アプリケーションを試す

このライブラリの GitHub リポジトリには、独自のアプリで Places KTX ライブラリを使用する方法を示すデモ アプリケーションも含まれています。

Places KTX サンプルアプリの最初の画面。選択内容が表示されています
Places Search デモアプリの画面

デモ アプリケーションを試す手順は次のとおりです。

  1. GitHub から ZIP ファイルのクローンを作成するか、ダウンロードします。
  2. Android Studio で [File] -> [Open] を選択して、ディレクトリに移動し、先ほどクローンを作成したフォルダまたはダウンロードしたフォルダを開きます。
  3. デモアプリに API キーを追加します。
    1. Places API キーを取得する
    2. ルート ディレクトリに、secure.properties という名前のファイルを作成します。このファイルは、API キーを保護するためにバージョン管理の対象にしないでください。
    3. 次の 1 行を secure.properties
      PLACES_API_KEY=”YOUR_API_KEY”
      に追加します。ここで、YOUR_API_KEY は最初のステップで取得した実際の API キーです。例として secure.properties.template をご覧ください。
  4. 実行構成で、モジュール app を選択します。
  5. [Run 'app'] を選択します。