Google Maps Platform ゲームサービスの使用量と課金

従量課金制の価格設定

Google Maps Platform ゲームサービスでは、従量課金制の価格モデルを使用します。このモデルの仕組みは次のとおりです。

  • Google Maps Platform API は、サービスの SKU という項目として請求に記載されます。
    • 使用できる Playable Locations API コンテンツは、Maps SDK for Unity で生成された地図上のものに限られます。
    • SKU は、サービスの API と、呼び出されるサービスまたは機能(ゲーム サービスなど)を組み合わせたものです。
  • Google Maps Platform では、請求先アカウントごとに毎月 200 ドル分のクレジットをご利用いただけます。このクレジットは、対象となるすべての Google Maps Platform SKU で発生した合計費用に対して自動的に適用されます。
    • たとえば、ゲーム サービスと Places API を使用している場合は、ゲーム サービスと Places API の両方で発生した合計費用に対して毎月 200 ドル分のクレジットをお受け取りいただけます。

詳しくは、Google Maps Platform サービスの課金の概要をご覧ください。

Google Maps Platform ゲームサービスの料金

Google Maps Platform ゲーム サービスのリクエストは、1 日のアクティブ ユーザー(DAU)の月間合計数(Maps SDK for Unity の 1 日あたりのアクティブなユニーク ユーザーを月間で合計した数)に基づいて課金されます。

たとえば、9 月の 1 日あたりのユニーク ユーザー数が 1,000 人のゲームの場合は、次のように課金されます。

  • 30 日間 × 1,000 DAU = 月間総数 30,000 DAU

この場合、DAU は 24 時間のうちに 1 台のデバイスで Maps SDK for Unity を使用した 1 日あたりのアクティブ ユーザー(DAU)の数を意味します。1 人のユーザーが 1 日にアプリに 10 回ログインした場合は、1 件の DAU として月間合計数にカウントされます。

留意点:

  • DAU のカウントは、太平洋時間の午前 0 時に始まる 24 時間を基準に行われます。
  • 同じユーザーが 3 台のデバイスでそれぞれ 1 回ずつログインした場合は、3 件の DAU としてカウントされます。
  • 個々のユーザー ID はトラッキングされないため、ユーザーがアプリでキャッシュに保存されたデータを削除した場合は、新たな DAU としてカウントされます。

その他の課金の例については、使用量と課金の例をご覧ください。

ボリュームに応じた従量制

下記のレートは、各月の末日に決まる月間使用量に基づくものです。わかりやすくするため、1,000 DAU あたりのレートを記載しています。実際には、1,000 DAU あたりではなく 1 DAU ごとに課金されます。

1 か月の合計 DAU が 1,500,000 件を超えると、追加の DAU 数に対しては、ユーザー 1 人あたりのお支払い額が引き下げられます。

DAU の月間合計数別のレート
0~1,500,000 DAU 1,500,001~7,500,000 DAU 7,500,001 DAU 以上
1,000 DAU あたり 10 ドル 1,000 DAU あたり 8 ドル 使用量に応じた料金をお問い合わせください

たとえば、7 月の合計 DAU が 200 万の場合、請求額は次のようになります。

  • 150 万 DAU に対しては、1,000 DAU あたり 10 ドル(15,000 ドルに相当)
  • 50 万 DAU に対しては、1,000 DAU あたり 8 ドル(4,000 ドルに相当)
  • この月の合計請求額は 19,000 ドルになります。

Google Maps Platform ゲーム サービスの毎月のクレジット

Google Maps Platform では、請求先アカウントごとに毎月 200 ドル分のクレジットをご利用いただけます。このクレジットは、対象となるすべての Google Maps Platform SKU で発生した合計費用に対して自動的に適用されます。使用されなかったクレジットは、月をまたいで繰り越されません。

お支払い通貨

ゲーム サービスに対する請求は、米ドルで行われるようデフォルトで設定されています。別の通貨でのお支払いについては、コンソールでご確認ください。別の通貨を選択すると、表に記載されている米ドルの料金がご指定の通貨の額に換算されます。

使用量と課金の例

Google Maps Platform ゲームサービスの使用量と課金について、想定される状況の例を次に示します。なお、各例では 1 か月の日数を 30 日と仮定しています。

例 1: 1 か月のクレジット枠を下回っている場合

Maps SDK for Unity について、1 日あたりの DAU が 1 か月全体の平均で 500 の場合には、月額 200 ドルの自動請求クレジットが適用されます。

  • 請求額は、500 DAU × 30 日間 = 15,000 月間 DAU の計算式に基づいて決まります。
  • レートは 1,000 DAU あたり 10 ドルのため、請求額は 150 ドルとなります。
  • 150 ドルの請求額は、200 ドルの自動請求クレジット枠を下回っているため、全額に適用されます。
    • クレジットの残りの 50 ドルは翌月に繰り越されません。

例 2: DAU が 1,000 で、1 か月のクレジット枠を上回っている場合

Maps SDK for Unity について、1 日あたりの DAU が 1 か月全体の平均で 1,000 の場合には、100 ドルが課金されます。

  • 請求額は、1,000 DAU × 30 日間 = 30,000 月間 DAU の計算式に基づいて決まります。
  • レートは 1,000 DAU あたり 10 ドルのため、請求額は 300 ドルとなります。
  • 200 ドルのクレジットが自動的に適用され、100 ドルが請求されます。

例 3: DAU が 75,000 以上で、ユーザーあたりの日割り料金が引き下げられる場合

Maps SDK for Unity の DAU が 1 か月全体の平均で 75,000 の場合には、20,800 ドルが請求されます。

  • 請求額は、75,000 DAU × 30 日間 = 2,250,000 月間 DAU の計算式に基づいて決まります。
  • 合計 DAU には次の 2 つのレートが適用されます。
    • 最初の 1,500,000 DAU については、1,000 DAU あたり 10 ドルという元のレートで請求されるため、請求額は 15,000 ドルとなります。
    • 残りの 750,000 DAU については、1,000 DAU あたり 8 ドルという次のレートで請求されるため、請求額は 6,000 ドルとなります。
  • 200 ドルのクレジットが自動的に適用され、合計 20,800 ドルが請求されます。

例 4: 月間合計数が 7,500,000 DAU を超える場合

Maps SDK for Unity の DAU が 1 か月全体の平均で 251,000 の場合には、使用量に応じた割引の対象になる場合がございますので、営業担当者にお問い合わせください。

  • 請求額は、251,000 DAU × 30 日間 = 7,530,000 月間 DAU の計算式に基づいて決まります。
  • この DAU の合計数は、月間合計数のしきい値である 7,500,000 DAU を上回ります。

その他の使用量上限

Google Maps Platform ゲーム サービスには次の使用量上限が適用されます。

  • 1 分あたり 60,000 件のタイル リクエスト。
  • ユーザー 1 人につき 1 分あたり 6,000 件のタイル リクエスト。

ユーザーごとの上限は IP アドレス単位で測定され、複数のエンドユーザーに対してカウントされる場合があります。

割り当ては、API 割り当てページで設定します。割り当てを超えているか、割り当てを超える可能性がある場合は、カスタマー サポートまでお問い合わせください。

使用量と課金残高の確認

使用量と課金残高は、Google Cloud Console でいつでも確認できます。

使用量と課金残高を確認するには:

  1. Google Cloud Console で、プロジェクトを選択してダッシュボードに移動します。
  2. [ナビゲーション] メニューで [課金] を選択します。
  3. [課金] ページで [料金の詳細を表示] を選択します。 [課金] ページが表示されない場合は、ダッシュボードの右上にある [カスタマイズ] をクリックして有効にします。
  4. [料金の詳細] ページで、グラフの下にある表から Maps SDK for Unity の行を探します。 [使用量] 列に DAU の数と関連費用が表示されます。

使用量は、右側のフィルタで選択した期間の DAU の累積総数です。費用の数値は現地通貨で表示されます。