注: Google Maps Platform ゲームサービスは、2021 年 10 月 18 日に廃止されます。本サービスを利用しているユーザーは、2022 年 12 月 31 日まで引き続きアクセスできます。また、主要なバグとシステム障害へのサポートおよび修正にも、上記の期日まで対応する予定です。ゲームサービス移行ガイドで、プロジェクトの次のステップを計画するうえで役立つリソースをご確認ください。

Maps SDK for Unity の概要

Maps SDK for Unity は、開発ツール、サービス、既製のアセットを 1 つにまとめたものです。Unity ゲーム開発環境を拡張するこのキットには、現実世界を舞台にしたモバイルゲームを簡単に作成できる機能が用意されています。

自由の女神像 GameObject

この SDK を使うと、Google マップ データベースから高品質の地理データにアクセスできます。 クライアント ライブラリがランタイム時に地理データを取得し、プレーヤーの実際の居場所に基づいてゲームの世界を生成します。この SDK では、最高品質のベースマップ上に建物(専有面積と高さ)、記念碑、道路、水域などの地理的対象物が 3D のテクスチャ メッシュ(つまり Unity GameObject)としてレンダリングされます。

どの地理的対象物 GameObject にも、TransformMesh RendererMesh Filter といったコンポーネントがそろっているため、RigidbodyColliderMaterials などのスタイル設定コンポーネントやエフェクト用コンポーネントを使用して、地理的対象物をカスタマイズする作業の開始点に適しています。また、この SDK を使うと GameObject の作成パイプラインの各ステージにアクセスすることができ、地理的対象物の作成方法とレンダリング方法をカスタマイズできます。地理的対象物には、その対象物の nameplaceId で構成される MapFeatureMetadata も含まれます。

対応プラットフォーム

Unity では 25 種類を超えるプラットフォームにゲームをデプロイできますが、Maps SDK for Unity では iOS と Android のモバイル プラットフォームのみにデプロイできます。