以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Android API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Android API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

商業施設やその他の有名スポット

有名スポット(POI)は対応するアイコンとともにベースマップにデフォルトで表示されます。 POI には、公園、学校、政府機関などが含まれます。

また、マップタイプが normal の場合、商業施設の POI は、デフォルトでマップに表示されます。 商業施設の POI には、店舗、レストラン、ホテルなどが含まれます。 インドアマップ(構内図)では、商業施設の POI はライトモードのマップのみに表示されます。

POI は、Google Places API で定義される[プレイス]に対応しています。 たとえば遊園地は POI ですが、噴水などは通常、(国によって、または歴史的に重要と認められていない限り)POI ではありません。

POI のクリック イベントをリッスンする

ユーザーによる POI のタップ操作に応答したい場合は、次のコードサンプルのように OnPoiClickListener を使用します。

public class OnPoiClickDemoActivity extends FragmentActivity
    implements OnMapReadyCallback, GoogleMap.OnPoiClickListener {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.poi_click_demo);

        SupportMapFragment mapFragment =
                (SupportMapFragment) getSupportFragmentManager().findFragmentById(R.id.map);
        mapFragment.getMapAsync(this);
    }

    @Override
    public void onMapReady(GoogleMap map) {
        map.setOnPoiClickListener(this);
    }

    @Override
    public void onPoiClick(PointOfInterest poi) {
        Toast.makeText(getApplicationContext(), "Clicked: " +
                        poi.name + "\nPlace ID:" + poi.placeId +
                        "\nLatitude:" + poi.latLng.latitude +
                        " Longitude:" + poi.latLng.longitude,
                Toast.LENGTH_SHORT).show();
    }
}

デフォルトで POI はマップに表示されますが、デフォルトの on-click UI は存在しません。 つまり、この API は、ユーザーが POI をタップしたときに自動的に情報ウィンドウなどのユーザー インターフェースを表示することはありません。

上記のサンプルのように、GoogleMap.setOnPoiClickListener(OnPoiClickListener) を呼び出して、マップに OnPoiClickListener を設定します。

ユーザーが POI をクリック(タップ)すると、アプリはユーザーがクリックした有名スポット(POI)を示す OnPoiClick(PointOfInterest) イベントを受信します。 PointOfInterest には、緯度と経度の座標、プレイス ID、有名スポットの名前が含まれます。

マップの POI の表示を停止する

すべての POI または特定のカテゴリの POI にカスタム スタイルを適用することで、有名スポット(POI)を非表示にすることができます。

次の JSON スタイル宣言は、マップ上のすべての商業施設の POI を非表示します。

[
  {
    "featureType": "poi.business",
    "stylers": [
      { "visibility": "off" }
    ]
  }
]

もう 1 つの例として、次の JSON はすべてのカテゴリの POI の表示を簡素化します。

[
  {
    "featureType": "poi",
    "stylers": [
      { "visibility": "simplified" }
    ]
  }
]

Java コードやその他の詳細については、スタイル設定でマップの地物を非表示にするためのガイドをご覧ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。