請求先アカウントのクレジット

Google Cloud を初めて利用するお客様には、300 ドルの無料トライアルが提供されます。さらに、Google Maps Platform では、毎月 200 ドル分のクレジットが付与されます。

Google Cloud の無料トライアル

Google Cloud では 300 ドル分の無料トライアルを提供しています(Google Cloud の無料プログラムをご覧ください)。この無料トライアルは、お客様が最初に作成した請求先アカウントに適用されます。

無料トライアルの期間中、最初の Cloud 請求先アカウントは「無料トライアル モード」となり、ご指定のお支払い方法に対して料金が請求されることはありません。無料トライアル期間が終了するか、または使用料が 300 ドルに達した時点で、無料トライアルは終了となります。

無料トライアルの終了後も Google Maps Platform を引き続きお使いいただくには、Cloud 請求先アカウントを有料アカウントにアップグレードする必要があります( 有料アカウントへのアップグレードをご覧ください)。

Google Maps Platform の毎月のクレジット

Google Maps Platform では、毎月 200 ドル分の無料クレジットが付与されます( マップ、ルート、プレイスの料金をご覧ください)。毎月の無料クレジットは、お客様が作成したマップ関連の請求先アカウントに適用されます。

マップ関連の請求先アカウントとは、Google Maps Platform API または SDK が有効になっているプロジェクトを含む Cloud 請求先アカウントです。これらのプロジェクトでは、Google Maps Platform SKU が請求対象となるアクティビティが発生します(Google Maps Platform サービスの課金の概要をご覧ください)。

最初のアカウント

Google Maps Platform API / SDK を有効にしているプロジェクトで、初めて作成した Cloud 請求先アカウントを使用する場合、Google Cloud Platform の無料トライアル(300 ドル分)と Google Maps Platform の毎月の無料クレジット(200 ドル分)が両方適用されます。

無料トライアルの期間中は、まず、Google Maps Platform の毎月の無料クレジット(200 ドル分)から使用料が支払われます。1 か月の請求額が 200 ドルを超える場合、その超過分は、Google Cloud Platform の無料トライアル(300 ドル分)から支払われます。

前述のように、無料トライアル期間が終了するまでに、最初に作成した Cloud 請求先アカウントを有料アカウントにアップグレードする必要があります。アカウントをアップグレードすると、無料トライアル期間の終了後も、毎月 200 ドル分のクレジットが Cloud 請求先アカウントに引き続き適用されるようになります。

複数のアカウント

マップ関連の Cloud 請求先アカウントを複数作成することは、Google Maps Platform 利用規約違反となります。

その他のクレジット

非営利団体、スタートアップ、クライシス レスポンス、ニュース メディア、教育機関などを支援する Google 公開プログラムでは、その他の Google Maps Platform クレジットを提供しています。