すべてのプラットフォームに適した Google マップ

Google Maps API は、Android、iOS、ウェブブラウザ、HTTP 経由のウェブサービスで使用できます。

スタートガイド

最新情報

モバイル向けマップのカスタム スタイル設定

Maps Android API と Maps SDK for iOS において要望の多かった機能がついに実装されました。クロス プラットフォームのカスタム スタイル設定を使用すると、マップのカラーパレットの変更、ラベルの非表示、道路の密度の変更、有名スポットの切り替えが可能です。これにより、モバイルマップを自分のブランドやスタイルに合わせることができます。

使ってみる   ブログ   動画を見る

Google Maps API オンライン トレーニング

Google と Udacity が作成したこの無料オンライン コースでは、位置情報が有効化されたウェブサイトのビルド方法、Google のウェブサービスの活用法、デベロッパー プロジェクトのモニタリング方法などを学習できます。このコースは、Google Maps API を使い始めたばかりの方、または Google Maps API の機能の簡単なチュートリアルを確認したい方に最適です。

使ってみる   ブログ   動画を見る


マップと位置情報のイノベーター

デペロッパーが、Google Maps API を使用してどのように新しい位置情報エクスペリエンスを構築しているかをご確認ください。

ショーケースを表示

Runtastic の GPS 対応アプリを使用して、走った経路をマップ上に描画し、フィットネス目標をトラックできます。


無料のオプションと有料のオプションが使用可能

Google Maps API は、さまざまなユースケースにおいて無料で使用することができます。また、API には予測可能な超過料金と使用制限の設定が備わっており、企業で展開するための年間契約もご用意しています。

プランを表示

標準プラン

  • 無料で外部に公開されている実装向け
  • Google Maps Android API と Google Maps SDK for iOS を無料で無制限に使用可能
  • 使用制限の超過分に課金
  • API 別に設定された価格と使用制限

プレミアム プラン

  • 社内利用、OEM、アセット トラッキング実装のライセンス
  • エンタープライズ規約に基づく年間契約
  • 24 時間のテクニカル サポート
  • サービスレベル契約(SLA)
  • 広告が表示されないことを保証。拡張された API

以上で完了です。

選択されたプロジェクトに対して課金が有効になりました。詳細な内容や制限、利用可能な機能については料金ページをご覧ください。

課金の有効化

Google Maps API の課金を有効にして、割り当て制限を解除するには、Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. 課金プロファイルの設定や選択を行う
  3. プロジェクトの課金を有効にする
続ける

最適な API を見つける

ウェブとモバイル端末向けの機能豊富な API ファミリーの詳細をご確認ください。

フィードバックを送信...