私たちはされているウェブのためのGoogleのサインインのJavaScriptプラットフォームライブラリを中止します。認証とユーザーのサインインの場合は、両方のために新しいGoogleアイデンティティサービスSDKを使用したWebおよび代わりにAndroidの

Android用のサインインをお試しください

サインインがどのように動作するかを参照するか、ために私達のAndroidサンプルアプリを使用して、既存のアプリにサインインを追加します

必須:最新バージョンのAndroidのメーカーGoogle Playのサービス

プロジェクトを取得する

Googleサービスのサンプルを初めて使用する場合は、google-servicesリポジトリを確認してください。

$ git clone https://github.com/googlesamples/google-services.git

AndroidStudioを開きます。

[ファイル]> [開く]、あなたはクローン化された場所にあるブラウズgoogle-servicesリポジトリとオープンgoogle-services/android/signin

GoogleAPIプロジェクトを構成する

サンプルを使用するには、プロジェクトのセットアップを完了するための追加情報を提供する必要があります。下のボタンをクリックして、パッケージ名を指定com .google .samples .quickstart .signin求められたとき。また、署名証明書のSHA-1ハッシュを提供する必要があります。参照してくださいあなたのクライアントの認証情報について。

プロジェクトを構成する

サンプルのIdTokenActivityServerAuthCodeActivity例はOAuth 2.0のWebクライアントのIDを指定する必要があります。実際のアプリでは、このクライアントIDはアプリのバックエンドサーバーを表します。この目的のクライアントIDは、上記のプロジェクトを構成したときに作成されました。

Google APIコンソールを開いて、この値を見つけます。

GoogleAPIコンソール

あなたのWebサーバクライアントIDは、(Googleのサインイン用に自動作成された)Webクライアントの横に表示されます。コピーし、プロジェクトの中のクライアントIDペーストstrings.xmlファイルを:

<string name="server_client_id">YOUR_SERVER_CLIENT_ID</string>

サンプルを実行する

これで、サンプルをビルドしてAndroidStudioから実行する準備が整いました。

サンプルを作成して実行ボタンをクリックし、最新バージョンのGooglePlayサービスに接続されているデバイスまたはエミュレーターを選択します。

使い方

アプリケーションのビルドGoogleSignInClientサインインは必要なオプションを指定して、。次に、サインインボタンがクリックされると、アプリケーションはサインインインテントを開始します。これにより、ユーザーはGoogleアカウントでサインインするように求められます。

// Configure sign-in to request the user's ID, email address, and basic
// profile. ID and basic profile are included in DEFAULT_SIGN_IN.
GoogleSignInOptions gso = new GoogleSignInOptions.Builder(GoogleSignInOptions.DEFAULT_SIGN_IN)
        .requestEmail()
        .build();
// Build a GoogleSignInClient with the options specified by gso.
mGoogleSignInClient = GoogleSignIn.getClient(this, gso);
private void signIn() {
    Intent signInIntent = mGoogleSignInClient.getSignInIntent();
    startActivityForResult(signInIntent, RC_SIGN_IN);
}

次のステップ

独自のアプリにGoogleログインを実装する方法を知りたい場合は、実装ガイドをご覧ください。

アプリにサインインを追加する

良い経験はありましたか?トラブルに遭遇しましたか? 知らせて下さい!