私たちはされているウェブのためのGoogleのサインインのJavaScriptプラットフォームライブラリを中止します。認証とユーザーのサインインの場合は、両方のために新しいGoogleアイデンティティサービスSDKを使用したWebおよび代わりにAndroidの

GoogleサインインをAndroidアプリに統合する

GoogleサインインをAndroidアプリに統合するには、Googleサインインを構成し、アプリのレイアウトにサインインフローを開始するボタンを追加します。

あなたが始める前に

GoogleのAPIコンソールプロジェクトを設定し、あなたのAndroid Studioのプロジェクトを設定

GoogleサインインとGoogleSignInClientオブジェクトを構成します

  1. あなたのサインインのアクティビティの中onCreateメソッドは、configure、Googleのサインインのアプリで必要とされるユーザデータを要求します。例えば、要求ユーザのIDと基本的なプロファイル情報に、Googleのサインインを設定するには、作成GoogleSignInOptionsでオブジェクトをDEFAULT_SIGN_INパラメータ。要求ユーザの電子メールアドレスにも、作成GoogleSignInOptionsでオブジェクトをrequestEmailオプション。

    // Configure sign-in to request the user's ID, email address, and basic
    // profile. ID and basic profile are included in DEFAULT_SIGN_IN.
    GoogleSignInOptions gso = new GoogleSignInOptions.Builder(GoogleSignInOptions.DEFAULT_SIGN_IN)
            .requestEmail()
            .build();

    あなたがアクセスGoogleのAPIへの追加のスコープを要求する必要がある場合は、それらを指定しrequestScopes 。最高のユーザーエクスペリエンスを得るには、サインイン時に、アプリが最小限に機能するために必要なスコープのみをリクエストしてください。追加のスコープは、必要な場合にのみリクエストして、ユーザーが実行したアクションのコンテキストで同意画面を表示できるようにします。参照してください。追加のスコープを要求します

  2. その後、またあなたの活動のサインインonCreateメソッド、作成GoogleSignInClient指定オプションを使用してオブジェクトを。

    // Build a GoogleSignInClient with the options specified by gso.
    mGoogleSignInClient = GoogleSignIn.getClient(this, gso);

既存のサインインユーザーを確認します

あなたの活動の中でonStartユーザーが既にGoogleとのアプリに署名した場合の方法、確認してください。

// Check for existing Google Sign In account, if the user is already signed in
// the GoogleSignInAccount will be non-null.
GoogleSignInAccount account = GoogleSignIn.getLastSignedInAccount(this);
updateUI(account);

場合GoogleSignIn.getLastSignedInAccount返しGoogleSignInAccount (というよりも、オブジェクトnull )、ユーザーが既にGoogleであなたのアプリに署名しました。それに応じてUIを更新します。つまり、ログインボタンを非表示にしたり、メインアクティビティを起動したり、アプリに適したものを実行したりします。

場合GoogleSignIn.getLastSignedInAccount返すnull 、ユーザーがまだGoogleとのアプリに署名していません。 UIを更新して、Googleログインボタンを表示します。

アプリにGoogleログインボタンを追加します

  1. 標準のGoogleログインボタン追加SignInButtonアプリケーションのレイアウトで:

    <com.google.android.gms.common.SignInButton
     android:id="@+id/sign_in_button"
     android:layout_width="wrap_content"
     android:layout_height="wrap_content" />
    
  2. オプション:デフォルトのログインボタンのグラフィックを使用しての代わりに、独自のログインボタンの資産を提供している場合は、あなたがボタンのサイズをカスタマイズすることができsetSize方法。

    // Set the dimensions of the sign-in button.
    SignInButton signInButton = findViewById(R.id.sign_in_button);
    signInButton.setSize(SignInButton.SIZE_STANDARD);
    
  3. (例えば、中にAndroidの活動でonCreateメソッド)、あなたのボタンの登録OnClickListenerクリックしたときにユーザーに署名します:

    findViewById(R.id.sign_in_button).setOnClickListener(this);
    

サインインフローを開始します

  1. サインインアカウントチューザーの画像活動の中onClick方法、ハンドルログインボタンタップでサインイン意図を作成することによって、 getSignInIntent方法、およびと意思開始startActivityForResult

    @Override
    public void onClick(View v) {
        switch (v.getId()) {
            case R.id.sign_in_button:
                signIn();
                break;
            // ...
        }
    }
    
    private void signIn() {
        Intent signInIntent = mGoogleSignInClient.getSignInIntent();
        startActivityForResult(signInIntent, RC_SIGN_IN);
    }

    インテントを開始すると、ユーザーはサインインするGoogleアカウントを選択するように求められます。あなたは超えてスコープを要求した場合profileemail 、およびopenid 、ユーザーは、要求されたリソースへのアクセスを許可するように要求されます。

  2. ユーザーがサインインした後、あなたが得ることができGoogleSignInAccount活動の中にユーザーのためのオブジェクトonActivityResultメソッドを。

    @Override
    public void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data);
    
        // Result returned from launching the Intent from GoogleSignInClient.getSignInIntent(...);
        if (requestCode == RC_SIGN_IN) {
            // The Task returned from this call is always completed, no need to attach
            // a listener.
            Task<GoogleSignInAccount> task = GoogleSignIn.getSignedInAccountFromIntent(data);
            handleSignInResult(task);
        }
    }

    GoogleSignInAccountオブジェクトは、ユーザの名前として、署名しているユーザーに関する情報が含まれています。

    private void handleSignInResult(Task<GoogleSignInAccount> completedTask) {
        try {
            GoogleSignInAccount account = completedTask.getResult(ApiException.class);
    
            // Signed in successfully, show authenticated UI.
            updateUI(account);
        } catch (ApiException e) {
            // The ApiException status code indicates the detailed failure reason.
            // Please refer to the GoogleSignInStatusCodes class reference for more information.
            Log.w(TAG, "signInResult:failed code=" + e.getStatusCode());
            updateUI(null);
        }
    }

    あなたも持つユーザの電子メールアドレスを取得することができますgetEmail 、と(クライアント側の使用のために)ユーザーのGoogle ID getId 、および持つユーザーのトークンID getIdToken 。あなたがバックエンドサーバーにユーザーに署名し、現在に合格する必要がある場合は、バックエンドサーバーにトークンIDを送信し、サーバー上のトークンを検証します。