One Tap サインインと登録を使ってみる

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アプリに One Tap ログインを追加する前に、Google API と Android プロジェクトを設定します。

Google API Console プロジェクトを設定する

  1. API Console でプロジェクトを開くか、プロジェクトを作成します(まだ作成していない場合)。
  2. OAuth 同意画面のページで、すべての情報が完全かつ正確であることを確認します。特に、アプリのプライバシー ポリシーと利用規約の URL を指定していることを確認してください。
  3. アプリの Android クライアント ID がまだない場合は、認証情報ページで作成します。アプリのパッケージ名と SHA-1 署名を指定する必要があります。
  4. ウェブ アプリケーションのクライアント ID がない場合は、[認証情報] ページで作成します。[承認済みの JavaScript 生成元] と [承認済みのリダイレクト URI] フィールドは空白のままでかまいません。このクライアント ID は認証バックエンド サーバーを表します。(このクライアント ID は、サーバーから Google API を呼び出すときに使用しますが、必要ない場合にも必要になります)。

Android プロジェクトに依存関係を組み込む

  1. プロジェクト レベルの build.gradle ファイルの buildscript セクションと allprojects セクションの両方に Google の Maven リポジトリ(google())を組み込みます。
  2. Google Play 開発者サービスと認証ライブラリの依存関係をモジュール(アプリレベル)のビルドファイル(通常は app/build.gradle)に追加します。

    apply plugin: 'com.android.application'
    
    dependencies {
      // ...
    
      implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:20.4.0'
    }
    

省略可: アプリをサイトに関連付ける

アプリのログイン バックエンドを共有するウェブサイトがある場合、デジタル アセット リンク ファイルを作成して公開すると、一方のプラットフォームでログインするユーザーがもう一方のプラットフォームに簡単にログインできるようになります。

次のステップ

One Tap ログインフローをアプリに追加する