サービスを設定してデータを送信する

gtag() コマンドは、グローバル スニペットの下であれば、ページ上のどこに配置されていても、呼び出すことができます。使用できるコマンドは 3 つで、configset は一般的なプロパティを設定するために、event はデータを送信するために使用します。

config でサービスを初期化する

config コマンドを使用して、特定のサービス アカウントの設定を初期化します。config コマンドの形式は次のとおりです。

gtag('config', '<TARGET_ID>', {<additional_config_info>});

<TARGET_ID> はデータ送信先のサービスのアカウント ID で、<additional_config_info> は追加の設定オプションを指定するためのオブジェクト(省略可能)です。

config コマンドを使用すると、gtag.js で処理するサービスとアカウントを指定し、関連する設定を指定できます。target_ID で指定するサービスによっては、config コマンドが特定の動作を開始する場合があります。たとえば、config コマンドは gtag.js にページビュー ヒットを開始するよう指示することがあります。個々のサービスに関する config コマンドの動作について詳しくは、以下の各サービスのドキュメントをご覧ください。

config コマンドと target_id だけの最も基本的な例を以下に示します。

gtag('config', 'GA_MEASUREMENT_ID');

<additional_config_info> オブジェクトは省略可能ですが、このオブジェクトでパラメータを指定すると、config コマンドを調整して拡張できます。たとえば、次のパラメータを追加すると、Google アナリティクスのページビューが自動的に送信されるのを妨ぐことができます。

gtag('config', 'GA_MEASUREMENT_ID', {'send_page_view': false});

event でデータを送信する

event コマンドは、イベントデータの送信方法を指定します。たとえば、event コマンドを使用し、method の値を「Google」に指定して login イベントを送信することができます。

gtag('event', 'login', {
  'method': 'Google'
});

特定の状況に適した、推奨イベント推奨パラメータのセットが用意されています。推奨イベントのリストに含まれていないカスタム イベントを送信することもできます。

set でイベントごとにデータを送信する

set コマンドを使用すると、ページ上のすべての後続イベントに関連付けられるパラメータを設定できます。たとえば、サイトのすべてのトランザクションで同じ通貨を使用する場合は、set コマンドを使用して currency フィールドを指定します。

gtag('set', {'currency': 'USD'});

1 つの set コマンドで複数の属性を設定することができます。

gtag('set', {
  'country': 'US',
  'currency': 'USD'
});