移行チェックリスト

動画ライブラリ: ワークショップ 2021

移行を開始するためのチェックリストは次のとおりです。

  1. AdWords API から Google Ads API へのマッピングを確認します。

  2. 次のツールをご確認ください。

  3. 更新された利用規約に同意し、API センターで連絡先情報を更新します。

    • 開発者トークン ads.google.com/aw/apicenter を持つ MCC アカウントの API センターにログインします。
    • [API の連絡先メールアドレス] までスクロールして更新します。
    • [主なビジネス拠点] までスクロールして新しい条件に同意し、[保存] をクリックします。
  4. Google Cloud プロジェクトで Google Ads API を有効にします。

    • Google API Console で API ライブラリを開きます。プロンプトが表示されたら、プロジェクトを選択するか、新しいプロジェクトを作成します。API ライブラリには、利用可能なすべての API がプロダクト ファミリーと人気度に応じて分類されて表示されます。
    • Google Ads API がリストに表示されない場合は、検索して探します。
    • Google Ads API を選択し、[有効にする] ボタンをクリックします。
  5. すでに AdWords API をご利用済みの場合でも、使用した認証情報は Google Ads API で引き続き有効です。新しい開発者トークンをリクエストしたり、新しい OAuth2 clientIdclientSecret のペアを作成したりしないでください。

  6. クライアント ライブラリを選択します。

  7. クイックスタート ガイドに沿って最初の呼び出しを行います。

クライアント ライブラリを使用する

AdWords API クライアント ライブラリを使用していた場合は、Google Ads API クライアント ライブラリをダウンロードして、すぐに使用を開始できます。構成ファイルの設定方法については、クライアント ライブラリの README をご覧ください。

多くの場合、AdWords API クライアント ライブラリから Google Ads API クライアント ライブラリに移行すると、既存の設定を再利用できます。主な違いの 1 つは新しい login-customer-id です。構成にいつ追加すべきかについては、ガイドで説明されています。

Java の設定例

Java クライアント ライブラリの場合は、ads.properties ファイル内の認証情報を指定する行をコピーして、各キーの api.adwords プレフィックスを api.googleads に変更します。

api.adwords.clientId       --> api.googleads.clientId
api.adwords.clientSecret   --> api.googleads.clientSecret
api.adwords.refreshToken   --> api.googleads.refreshToken
api.adwords.developerToken --> api.googleads.developerToken

構成ファイルを更新したら、最初の呼び出しを実行できます。

Java

  1. IDE で GetCampaigns.java を開いて実行します。
  2. コンソールにアカウントのキャンペーンの一覧が表示されます。

C#

  1. IDE で GetCampaigns.cs を開いて実行します。
  2. コンソールにアカウントのキャンペーンの一覧が表示されます。

PHP

  1. GetCampaigns.php を実行します。
  2. コンソールにアカウントのキャンペーンの一覧が表示されます。

Python

  1. IDE で get_campaigns.py を開いて実行します。
  2. コンソールにアカウントのキャンペーンの一覧が表示されます。

Ruby

  1. コマンドラインで「
    ruby get_campaigns.rb
    」と入力して get_campaigns.rb を実行します。
  2. コンソールにアカウントのキャンペーンの一覧が表示されます。

Perl

  1. get_campaigns.pl を実行します。
  2. コンソールにアカウントのキャンペーンの一覧が表示されます。

コードの例

クライアント ライブラリには、AdWords API から Google Ads API への移行方法を示すコードサンプル コードも含まれています。

クライアント ライブラリの代替手段

AdWords API をクライアント ライブラリなしで使用していて、Google Ads API でも引き続き使用しない場合でも、認証情報を使用できます。

REST ガイドで、認証情報を使用して、HTTP over REST を使用して Google Ads API に対してリクエストを実行する方法を確認します。