Reminder: v201708 will be sunset on August 31, 2018.

プログラマティック取引とセールス マネージャの概要

はじめに

以下のセクションでは、DFP 販売管理と保証型プログラマティック取引(販売管理を有効にしている場合とそうでない場合)の使い方の概要をまとめています。どちらの場合も、使用するオブジェクトとフィールドの多くが共通しています。ただし、入稿で使用するすべてのプログラマティック エンティティで、エンティティ固有の MarketplaceInfo オブジェクト(ProductTemplateProductProposalProposalLineItem)を指定することに留意してください。

販売管理を使用しないでプログラマティック取引を行う

  1. カタログを作成する - プログラマティック Product オブジェクトを使って、マーケットプレイスで提供する広告枠を設定、定義します。価格情報や購入者情報はここでは定義しません。

    • プログラマティック商品を作成する

    • プログラマティック商品をマーケットプレイスに公開する - 次の例は、購入者が交渉を開始したりプログラマティック Proposal を作成したりできるように、既存の商品を公開する方法を示しています。

  2. プロポーザルを作成する - プログラマティック Proposals を使って、交渉の当事者に関する条件を定義します。ここでは購入者情報、広告担当者、営業担当者を定義します。

    • プログラマティック プロポーザルを作成する
  3. プロポーザル広告申込情報を作成する - プログラマティック ProposalLineItem は広告申込情報とよく似たオブジェクトです。このオブジェクトを使って、購入者と交渉するターゲティングと価格情報を定義します。これが後に広告申込情報となります。

    • プログラマティック プロポーザル広告申込情報を作成する
  4. プロポーザルをマーケットプレイスに送信する - プロポーザルにプログラマティック ProposalLineItem オブジェクトを設定したら、(状態に応じて)プロポーザルをマーケットプレイスに送信し、交渉に備えます。作成後のプロポーザルに対して行う作業の詳細については、こちらをご覧ください。

    • 購入者にプロポーザルの承認をリクエストする

販売管理を使用する(プログラマティック取引を行う場合、行わない場合)

  1. カタログを作成する - カタログは、販売管理を使用するための窓口となるものです。ProductTemplates を使用してターゲティングを指定し、一度に複数の Products を作成、有効化できます。

    • 販売管理のみ
    • プログラマティック - プログラマティック商品テンプレートを作成するには、マーケットプレイス固有の情報、つまり、対象となる Ad Exchange 環境や、購入者に伝える追加の条件を指定する必要があります。
      • プログラマティック商品テンプレートを作成する
  2. レート表と基本レートを作成する - レート表と基本レートを使って、価格情報として広告枠の課金方法(CPD、CPM、CPC など)と希望の価格を指定します。

    • 販売管理のみ
    • プログラマティック - プログラマティック オブジェクトでレート表を使用する際、ネットワークにはマーケットプレイス用の特別なレート表があることに注意してください(管理画面では特別なレート表にはその旨のラベルが表示されます)。こうしたレート表は、プログラマティック Proposals に ProposalLineItem を作成する場合にのみ使用します。
      • マーケットプレイスのレート表を取得する
  3. ワークフローを作成する - (省略可)チームの販売フローに合わせたワークフローを作成します。

  4. プロポーザルを作成する - プロポーザルは、オーダーに相当する販売側のオブジェクトです。予算と広告主に加え、販売する商品の概要を定義します。

    • 販売管理のみ
    • プログラマティック - プログラマティック プロポーザルは販売管理のプロポーザルとよく似ています。ただし、プログラマティック プロポーザルには ProductTemplates のようにマーケットプレイス情報を設定する必要があります。また、サイト運営者またはパブリッシャーが開始するプログラマティック プロポーザルの場合は、購入者を指定する必要があります。
      • プログラマティック プロポーザルを作成する - 作成後のプロポーザルに対して行う作業の詳細については、こちらをご覧ください。
  5. プロポーザル広告申込情報を作成する - プロポーザル広告申込情報は、広告申込情報に相当する販売側のオブジェクトです。レート表と商品を組み合わせて、後に作成される広告申込情報の価格と配信条件を定義します。

    • 販売管理のみ
    • プログラマティック - ProposalLineItems も同様の考え方に基づきます。このオブジェクトを使って新しい情報を指定し、MarketplaceInfo オブジェクトでカプセル化します。また、使用する Product と同様に、対象の Ad Exchange 環境を設定する必要があります。
      • プログラマティック プロポーザル広告申込情報を作成する

フィードバックを送信...

DoubleClick for Publishers API
DoubleClick for Publishers API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。