ビジュアリゼーションのアップロード

ビジュアリゼーション コードの記述が完了すると、次はデータポータルがリソースにアクセスできるようにする必要があります。データポータルでコミュニティ ビジュアリゼーションを読み込むには、すべてのリソースが Google Cloud Storage バケットで公開されていなければなりません。

バケットを作成し、ウェブ インターフェースまたは gsutil コマンドライン ツールを使用してファイルをアップロードします。

ビジュアリゼーション ファイルが現在の作業ディレクトリにある場合は、次のコマンドを使用してファイルをストレージ バケットにアップロードできます。

gsutil cp -a public-read * gs://MY_GOOGLE_CLOUD_STORAGE_BUCKET
    

次のステップ

ビジュアリゼーション リソースのアップロードを完了すると、データポータル レポートでビジュアリゼーションを使用する方法を学びます。