BigQuery データのダッシュボード

BigQuery は、Google が提供するペタバイト規模のデータ ウェアハウス ソリューションです。データポータルはネイティブに BigQuery との連携機能を備えているため、BigQuery データを分析したりビジュアライズしたりするために活用できます。

実装の手順

BigQuery データは以下の方法でデータポータルに取り込むことができます。

  • データポータル管理画面で BigQuery ネイティブ コネクタを使用する
  • コミュニティ コネクタの機能を開発して使用する

データポータル管理画面で BigQuery ネイティブ コネクタを使用する

ユーザーはデータポータルのネイティブ BigQuery コネクタを使用して、BigQuery のテーブルや特定のクエリを視覚的にわかりやすく示すことができます。データポータル内から BigQuery のテーブル全体を取得したり、カスタムクエリを実行したりすることができます。データポータルのエクスプローラ機能を使用して、BigQuery データの探索的な分析を行うこともできます。

このアプローチは、次のようなユーザーに役立ちます。

  • 探索的分析を行っているユーザー
  • SQL に精通しており、独自のクエリを作成できるユーザー
  • データに精通しており、一から視覚的にわかりやすく示す方法を知っているユーザー

例: BigQuery からの出生率データのクエリ

こちらのガイドでは、エンドユーザーがデータポータル管理画面からデータポータルのネイティブ BigQuery コネクタを使用して、BigQuery のデータを視覚的にわかりやすく示す方法を説明しています。こちらの例では、BigQuery の natality サンプル テーブルにクエリをかけ、テーブル全体をデータポータルに取得します。

例: BigQuery、App Engine、データポータルを使用した BI ダッシュボードの構築

Google データポータルと BigQuery で BI ダッシュボードを構築する方法では、App Engine を使用して BigQuery データを事前に集計し、データポータルで可視化する方法を説明しています。

コミュニティ コネクタの機能を開発して使用する

BigQuery からデータを取得するコミュニティ コネクタの機能を開発することができます。このアプローチは、ネイティブ コネクタを使用する場合と比べて次のような利点があります。

  1. 既存のクエリをコネクタに組み込むことができます。クエリを正確なものにするため、ユーザーが独自の SQL を記述したり、SQL スニペットをコピーして貼り付けたりする必要がなくなります。さらに、クエリをパラメータ化することで、コネクタ設定からユーザーのインプットを得てクエリをカスタマイズできるようにすることが可能です。
  2. サービス アカウントを使用して、請求を一元化できます。ユーザーに Google Cloud Platform 請求アカウントにアクセスしてもらう必要はありません。
  3. ユーザーは既製のテンプレート レポートを使って、独自のデータのレポートを作成できます。
  4. 独自のキャッシュ レイヤを実装して、BigQuery のコストをコントロールすることができます。

コミュニティ コネクタでは、次の 3 つの方法で BigQuery データにアクセスできます。

以下の表は、各アプローチの長所と短所をまとめたものです。

データポータルの Advanced Services Apps Script BigQuery Service BigQuery REST API
リファレンス データポータルの Advanced Services Apps Script BigQuery Service BigQuery REST API
データの流れ BigQuery > データポータル BigQuery > Apps Script > データポータル BigQuery > Apps Script > データポータル
計算フィールドでの getschema サポート
サービス アカウントまたはカスタム アクセス コントロールで使用可能 ×(有効なユーザーの認証情報が必須)
フィルタの自動プッシュダウン × ×
getData で追加のデータ変換が必要 ×
取得したデータに Apps Script でアクセス可能
(さらなるデータ変換が可能に)
×
カスタム キャッシュをサポート ×
UrlfetchApp Quota を適用 × ×
実装例 World Bank data connector Apps Script BigQuery Service Chrome UX Connector

BigQuery から取得したデータの変換が必要な場合、またはカスタム キャッシュが必要になる場合を除き、データポータルの Advanced Services はほとんどのケースで使用できます。