コミュニティ コネクタの使用とテスト

コミュニティ コネクタを開発したら、データポータルで実際にコネクタを使用し、テストすることができます。その際には、ヘッドデプロイを使用します。

ヘッドデプロイを使用する

Apps Script ではヘッドデプロイがデフォルトで作成されます。ヘッドデプロイは、常に最新の作業バージョンのコードを基に作成されます。

  1. Apps Script 開発環境で、[公開] > [マニフェストから配置] をクリックします。[Deployments] 画面が開き、[Latest Version (Head)] のリストが表示されます。
  2. デプロイ名(Latest Version (Head))、または [Get ID] リンクの横にあるデータポータルのアイコンをクリックします。データポータルにアクセスする、このコネクタ用のリンクが表示されます。
  3. 新しいコネクタリンクをクリックします。データポータルの新しいウィンドウが開きます。コネクタはすでに選択されており、承認待ちの状態です。ここから、コネクタを承認、設定、使用できます。

デプロイについて詳しくは、コミュニティ コネクタのデプロイをご覧ください。

ヘッドデプロイのコードを更新する

コードを更新する際に Apps Script プロジェクトを保存すると、最新バージョン / ヘッドデプロイも更新されます。