レポート テンプレートの提供

コミュニティ コネクタにはレポート テンプレートを提供するオプションがあります。 レポート テンプレートは、データソースに慣れていないユーザーがコネクタの機能をすばやく理解するのに役立ちます。また、レポート作成の土台が提供されるため、空のレポートから作成を始める必要がなくなります。この機能を使うには、データスタジオでテンプレートをデザインしてから、コミュニティ コネクタのマニフェストに追加する必要があります。

レポート テンプレートを作成する方法

コミュニティ コネクタのレポート テンプレートを作成するには:

  1. データポータルで新しいレポートを作成します。
  2. コネクタをデータソースとして追加します。
  3. グラフ、表、要素などをレポートに追加し、お好みに合わせてデザインします。
  4. レポートにわかりやすい名前を付けます。
  5. リンクによるレポートの共有を有効にします。 リンクによる共有を有効にする

レポート テンプレートをコネクタのマニフェストに追加する方法

レポートの URL からレポート ID を取得し、レポートをテンプレートとしてコネクタのマニフェストに追加できます。データスタジオでテンプレートとして使用するレポートを開き、レポートの URL を調べます。reporting//page の間の部分がレポート ID です。たとえば、次の URL の場合は 0B1a5IAKYIVtTcWxCbWJkc2Q1M1k がレポート ID です。

https://datastudio.google.com/c/org/UTgoe29uR0C3F1FBAYBSww/reporting/0B1a5IAKYIVtTcWxCbWJkc2Q1M1k/page/9QoH

この ID を使って、このレポートをテンプレートとしてコミュニティ コネクタのマニフェストに追加できます。

{
      "dataStudio": {
        ...
        "templates": {
          "default": "0B1a5IAKYIVtTcWxCbWJkc2Q1M1k"
        }
      }
    }
    

テンプレートの動作

コネクタのマニフェストに template キーのエントリがある場合、コネクタ設定画面にはデフォルト テンプレートを使用するかどうか選択できるチェックボックスが表示されます。このチェックボックスはデフォルトでオンになっています。