期間設定

データの取得時に期間が必要なデータソースを使用している場合は、データスタジオの期間設定機能を利用できます。

コミュニティ コネクタの期間設定機能を有効にするには、getConfig のレスポンスで dateRangeRequiredtrue に設定します。コネクタに対するすべての getData リクエストに開始日と終了日が含まれるようになります。

dateRangeRequiredtrue の場合の getData の動作

getConfig のレスポンスで dateRangeRequiredtrue に設定されている場合、各 getData リクエストには startDate および endDate パラメータを持つ dateRange オブジェクトが含まれます。日付パラメータは YYYY-MM-DD 形式になります。これらの値は、サードパーティ サービスへのデータ取得リクエストに使用できます。

  • デフォルトでは、指定期間は今日を除く過去 28 日間です。
  • ユーザーがレポートに期間フィルタを適用している場合、ユーザーの選択が指定期間に反映されます。
  • データポータルがセマンティック型の検出を試みるときは、getData リクエストで sampleExtractiontrue に設定されます。このリクエストの開始日と終了日に指定される日付は、今日より 2 日前になります。