Drive API からの移行

このドキュメントでは、権限を管理するために Drive API を使用しているコードを Data Studio API に移行する方法について説明します。一般的な Drive API エンドポイントと、対応する Data Studio API のコードをご確認いただけます。

ファイル

Drive API のファイル エンドポイントに関しては、Data Studio API で利用できるのは Files: list に対応するエンドポイントのみです。

リスト

API メソッド エンドポイント
ドライブ POST /drive/v3/files/fileId/permissions
データポータル GET /v1/assets:search

比較:

ドライブ

const oAuthToken = '123' // This should be replaced with a valid OAuth token.
fetch(`https://www.googleapis.com/drive/v3/files`, {
  headers: {
    Authorization: `Bearer ${oAuthToken}`
  },
  method: "POST",
})

データポータル

const oAuthToken = '123' // This should be replaced with a valid OAuth token.
fetch(`https://datastudio.googleapis.com/v1/assets:search?assetTypes={ASSET_TYPE}`, {
  headers: {
    Authorization: `Bearer ${oAuthToken}`
  }
})

アセットの検索をご覧ください。

権限

作成、削除、取得

API メソッド エンドポイント
ドライブ POST /drive/v3/files/fileId/permissions
ドライブ DELETE /drive/v3/files/fileId/permissions/permissionId
ドライブ GET /drive/v3/files/fileId/permissions/permissionId

Data Studio API には、複数の Permissions オブジェクトの管理に対応するエンドポイントはありません。データポータルでは、1 つのアセットに対して常に 1 つの権限オブジェクトが存在します。

リスト

Drive API と Data Studio API に 1 対 1 で対応するエンドポイントはありませんが、同様の機能を持つものはあります。主な違いは、ドライブのファイルには多数の権限オブジェクトが存在する場合があるのに対し、データポータルには 1 つの権限オブジェクトしかないという点です。

API メソッド エンドポイント
ドライブ GET /drive/v3/files/fileId/permissions
データポータル GET /v1/assets/assetId/permissions

比較:

ドライブ

次のコードは、Drive API のすべての権限オブジェクトを一覧表示します。 コードによっては、ファイルに設定されているすべての権限を表示するために、ページ設定トークンを使用してこのメソッドを複数回呼び出さなければならない場合もあります(以下を参照)。

const fileId = '123'; // This should be replaced with a valid Drive ID.
const oAuthToken = '123'; // This should be replaced with a valid OAuth token.
let nextPageToken = undefined;
let permissions = [];
do {
  const permissionsData = await fetch(`https://www.googleapis.com/drive/v3/files/${fileId}/permissions`, {
    headers: {
      Authorization: `Bearer ${oAuthToken}`
    }
  });
  nextPageToken = permissionsData.nextPageToken;
  permissions = permissions.concat(permissionsData.permissions)
} while (nextPageToken !== undefined);

データポータル

データポータル アセットには権限オブジェクトが 1 つしかないため、ページ設定を考慮する必要はありません。

const oAuthToken = '123' // This should be replaced with a valid OAuth token.
const assetId = '123' // This should be replaced with a valid asset ID.
fetch(`https://datastudio.googleapis.com/v1/assets/{ASSET_ID}/permissions`, {
  headers: {
    Authorization: `Bearer ${oAuthToken}`
  }
}

権限の取得をご覧ください。

更新

権限の更新に関しては、Data Studio API にも Drive API と同様の機能があります。主な違いは、データポータルでは権限に expirationTime を設定できないという点です。

API メソッド エンドポイント
ドライブ PATCH /drive/v3/files/fileId/permissions/permissionId
データポータル PATCH /v1/assets/assetId/permissions

比較:

ドライブ

const fileId = '123'; // This should be replaced with a valid Drive ID.
const oAuthToken = '123'; // This should be replaced with a valid OAuth token.
const newPermissionsObject = {
  expirationTime: '...',
  role: 'owner', // Or any other option
}
fetch(`https://www.googleapis.com/drive/v3/files/${fileId}/permissions/permissionId`, {
  headers: {
    Authorization: `Bearer ${oAuthToken}`
  },
  method: "PATCH",
  body: JSON.stringify(newPermissionsObject)
})

データポータル

const oAuthToken = '123' // This should be replaced with a valid OAuth token.
const assetId = '123' // This should be replaced with a valid asset ID.
const newPermissionsObject = {
  permissions: {
    //...
  }
}

fetch(`https://datastudio.googleapis.com/v1/assets/${assetId}/permissions`, {
  headers: {
    Authorization: `Bearer ${oAuthToken}`
  },
  method: "PATCH",
  body: JSON.stringify({
    assetId: assetId,
    permissions: newPermissionsObject
  })
})

それぞれのユースケースでの代替手段については、以下をご覧ください。