Are your users using Classroom with Google Meet? Check out the Apps Script quickstart covering how to check student attendance in Google Meet courses.

REST Resource: courses.courseWork

リソース: CourseWork

コースの生徒向けに教師が作成したコースワーク。

JSON 表現
{
  "courseId": string,
  "id": string,
  "title": string,
  "description": string,
  "materials": [
    {
      object (Material)
    }
  ],
  "state": enum (CourseWorkState),
  "alternateLink": string,
  "creationTime": string,
  "updateTime": string,
  "dueDate": {
    object (Date)
  },
  "dueTime": {
    object (TimeOfDay)
  },
  "scheduledTime": string,
  "maxPoints": number,
  "workType": enum (CourseWorkType),
  "associatedWithDeveloper": boolean,
  "assigneeMode": enum (AssigneeMode),
  "individualStudentsOptions": {
    object (IndividualStudentsOptions)
  },
  "submissionModificationMode": enum (SubmissionModificationMode),
  "creatorUserId": string,
  "topicId": string,
  "gradeCategory": {
    object (GradeCategory)
  },

  // Union field details can be only one of the following:
  "assignment": {
    object (Assignment)
  },
  "multipleChoiceQuestion": {
    object (MultipleChoiceQuestion)
  }
  // End of list of possible types for union field details.
}
フィールド
courseId

string

コースの ID。

読み取り専用です。

id

string

コースの課題は、コースごとに一意に設定されます。

読み取り専用です。

title

string

このコース課題のタイトル。タイトルは、1 ~ 3,000 文字を含む有効な UTF-8 文字列にする必要があります。

description

string

このコース作品の説明(省略可)。設定する場合、説明は 30,000 文字以下の有効な UTF-8 文字列にする必要があります。

materials[]

object (Material)

補足資料。

コースワークのマテリアル アイテムは 20 個以下にする必要があります。

state

enum (CourseWorkState)

このコース課題のステータス。指定しない場合のデフォルトの状態は DRAFT です。

creationTime

string (Timestamp format)

このコースの課題が作成されたときのタイムスタンプ。

読み取り専用です。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒、小数点以下は 9 桁まで。例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

updateTime

string (Timestamp format)

このコースの課題に対する直近の変更のタイムスタンプ。

読み取り専用です。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒、小数点以下は 9 桁まで。例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

dueDate

object (Date)

必要に応じて、コースの提出物の期限(UTC)で指定します。dueTime が指定されている場合は指定する必要があります。

dueTime

object (TimeOfDay)

必要に応じて、コースの提出物の期限(UTC)。dueDate が指定されている場合は指定する必要があります。

scheduledTime

string (Timestamp format)

必要に応じて、このコースの課題が公開される予定のタイムスタンプです。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒、小数点以下は 9 桁まで。例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

maxPoints

number

このコースの課題の最高成績。ゼロまたは未指定の場合、この課題は採点なしとみなされます。負ではない整数値を指定してください。

workType

enum (CourseWorkType)

このコースの課題のタイプ。

タイプは、コース課題の作成時に設定され、変更することはできません。

associatedWithDeveloper

boolean

このコースの作業アイテムが、リクエストを行う Developer Console プロジェクトに関連付けられているかどうか。

詳しくは、courseWork.create をご覧ください。

読み取り専用です。

assigneeMode

enum (AssigneeMode)

課題の割り当て先モード。指定しない場合、デフォルト値は ALL_STUDENTS です。

individualStudentsOptions

object (IndividualStudentsOptions)

学習課題にアクセスできる生徒の ID。このフィールドは、assigneeModeINDIVIDUAL_STUDENTS の場合にのみ設定されます。assigneeModeINDIVIDUAL_STUDENTS の場合は、この欄で指定した生徒だけに課題が割り当てられます。

submissionModificationMode

enum (SubmissionModificationMode)

生徒に提出物の変更を許可するタイミングを指定する設定。指定しない場合、デフォルト値は MODIFIABLE_UNTIL_TURNED_IN です。

creatorUserId

string

課題を作成したユーザーの ID。

読み取り専用です。

topicId

string

この学習課題が関連付けられているトピックの ID。コース内の既存のトピックと一致する必要があります。

gradeCategory

object (GradeCategory)

この課題の成績が貢献するカテゴリ。課題のカテゴリが選択されている場合のみ表示されます。総合成績を計算するのに使われる場合があります。

読み取り専用です。

共用体フィールド details。コースの内容に応じた追加情報。details は次のいずれかになります。
assignment

object (Assignment)

課題の詳細。workTypeASSIGNMENT の場合にのみ入力されます。

読み取り専用です。

multipleChoiceQuestion

object (MultipleChoiceQuestion)

選択式問題の詳細。読み取りオペレーションの場合、このフィールドは workTypeMULTIPLE_CHOICE_QUESTION の場合にのみ入力されます。書き込みオペレーションの場合、このフィールドは workTypeMULTIPLE_CHOICE_QUESTION のコース作業の作成時に指定する必要があります。それ以外の方法で設定しないでください。

CourseWorkState

コース課題の想定される状態。

列挙型
COURSE_WORK_STATE_UNSPECIFIED 州が指定されていません。返されることはありません。
PUBLISHED 公開済みの処理のステータス。これはデフォルトの状態です。
DRAFT 公開前の処理のステータス。この状態での作業はコースの教師とドメイン管理者にのみ表示されます。
DELETED 公開後に削除された課題のステータス。この状態での作業はコースの教師とドメイン管理者にのみ表示されます。このステータスでの作業は、しばらくすると削除されます。

Date

生年月日など、カレンダーの日付全体または一部を表します。時間帯とタイムゾーンは他の場所で指定されているか、重要ではありません。日付はグレゴリオ暦に基づき、 次のいずれかを表します。

  • 年、月、日の値が 0 以外の完全な日付。
  • 年月が 1 か月(月周期など)の月と日。
  • 1 年を 1 か月に 1 か月も 0 日をもたない。
  • 年と月がゼロ日(クレジット カードの有効期限など)。

関連タイプ:

JSON 表現
{
  "year": integer,
  "month": integer,
  "day": integer
}
フィールド
year

integer

日付の年。1 ~ 9999 の範囲で指定するか、0 に年を指定しない日付を指定するには 0 を指定します。

month

integer

月。1 ~ 12 の範囲で指定するか、特定の月を指定しない年と日を表すには 0 を指定します。

day

integer

日。その年と月で有効な値を 1 ~ 31 の範囲で指定します。または、日が重要でない場合に年のみか年と月を指定するには 0 を指定します。

TimeOfDay

1 日のうちの時間を表します。日付とタイムゾーンは重要ではないか、他の場所で指定されています。API は、うるう秒を許可するようにできます。関連する型は、google.type.Dategoogle.protobuf.Timestamp です。

JSON 表現
{
  "hours": integer,
  "minutes": integer,
  "seconds": integer,
  "nanos": integer
}
フィールド
hours

integer

時間(24 時間形式)。0~23 である必要があります。API ではビジネスの終了時間などのシナリオにおいて、値 "24:00:00" を許可することもできます。

minutes

integer

分。0~59 である必要があります。

seconds

integer

秒。通常、0~59 である必要があります。API がうるう秒を許可する場合、値 60 が許可されます。

nanos

integer

秒の小数部分(ナノ秒単位)。0~999,999,999 の範囲で指定する必要があります。

SubmissionModificationMode(提出の変更)

生徒の提出物に対する変更モードの可能性があります。

列挙型
SUBMISSION_MODIFICATION_MODE_UNSPECIFIED 変更モードが指定されていません。返されることはありません。
MODIFIABLE_UNTIL_TURNED_IN 提出前に提出内容を変更することができます。
MODIFIABLE 応募内容はいつでも変更できます。

Assignment

割り当ての詳細。

JSON 表現
{
  "studentWorkFolder": {
    object (DriveFolder)
  }
}
フィールド
studentWorkFolder

object (DriveFolder)

生徒の提出物の添付ファイルが配置されるドライブ フォルダ。コースの教師と管理者の場合に限り表示されます。

多肢選択式問題

選択式問題の詳細

JSON 表現
{
  "choices": [
    string
  ]
}
フィールド
choices[]

string

候補。

メソッド

create

コースの課題を作成します。

delete

コースの課題を削除します。

get

コースの課題を返します。

list

リクエストしたユーザーが表示できるコース課題のリストを返します。

modifyAssignees

課題のモードと課題のオプションを変更します。

patch

コースの課題の 1 つ以上のフィールドを更新します。