Are your users using Classroom with Google Meet? Check out the Apps Script quickstart covering how to check student attendance in Google Meet courses.

Method: courses.courseWork.patch

コースの課題の 1 つ以上のフィールドを更新します。

更新可能なフィールドと変更可能なフィールドの詳細については、google.classroom.v1.CourseWork をご覧ください。

このリクエストは、対応するコースのワーク アイテムの作成に使用する OAuth クライアント ID の Developer Console プロジェクトから行う必要があります。

このメソッドは、次のエラーコードを返します。

  • PERMISSION_DENIED: リクエスト元のデベロッパー プロジェクトで、対応するコース課題が作成されていない場合、ユーザーがリクエストされた提出物を生徒の提出物に対して変更することが認められていない場合、またはアクセスエラーの場合。
  • INVALID_ARGUMENT: リクエストの形式が正しくない場合。
  • FAILED_PRECONDITION: リクエストされたコースワークがすでに削除されている場合。
  • NOT_FOUND: リクエストされたコース、コースの課題、または生徒の提出物が存在しない場合。

HTTP リクエスト

PATCH https://classroom.googleapis.com/v1/courses/{courseId}/courseWork/{id}

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
courseId

string

コースの ID。この ID は、Classroom で割り当てられた ID または alias のいずれかです。

id

string

コースの課題の ID。

クエリ パラメータ

パラメータ
updateMask

string (FieldMask format)

コースのどのフィールドを更新するかを特定するマスク。更新するには、このフィールドは必須です。無効なフィールドが指定されている場合、更新は失敗します。値が空の値に対応している場合は、CourseWork オブジェクトではなく、更新マスクで指定することで消去できます。空の値をサポートしていないフィールドが更新マスクに含まれていて、CourseWork オブジェクトで設定されていない場合は、INVALID_ARGUMENT エラーが返されます。

教師は以下のフィールドを指定できます。

  • title
  • description
  • state
  • dueDate
  • dueTime
  • maxPoints
  • scheduledTime
  • submissionModificationMode
  • topicId

完全修飾されたフィールド名のカンマ区切りリストです。(例: "user.displayName,photo")。

リクエストの本文

リクエストの本文には CourseWork のインスタンスが含まれます。

レスポンスの本文

成功した場合、レスポンスの本文には CourseWork のインスタンスが含まれます。

認証スコープ

次の OAuth スコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/classroom.coursework.students

詳しくは、OAuth 2.0 の概要をご覧ください。