ユーザーが Classroom と Google Meet を使用している場合は、Google Meet コースの生徒の出席状況を確認する Apps Script クイックスタートをご覧ください。

REST Resource: courses.courseWork.studentSubmissions

リソース: StudentSubmission

生徒が課題を提出するためのコースです。

StudentSubmission アイテムは、CourseWork アイテムの作成時に生成されます。

アクセスされていない StudentSubmissions(state = NEW)には、作成日時または更新日時が設定されていない可能性があります。

JSON 表現
{
  "courseId": string,
  "courseWorkId": string,
  "id": string,
  "userId": string,
  "creationTime": string,
  "updateTime": string,
  "state": enum (SubmissionState),
  "late": boolean,
  "draftGrade": number,
  "assignedGrade": number,
  "alternateLink": string,
  "courseWorkType": enum (CourseWorkType),
  "associatedWithDeveloper": boolean,
  "submissionHistory": [
    {
      object (SubmissionHistory)
    }
  ],

  // Union field content can be only one of the following:
  "assignmentSubmission": {
    object (AssignmentSubmission)
  },
  "shortAnswerSubmission": {
    object (ShortAnswerSubmission)
  },
  "multipleChoiceSubmission": {
    object (MultipleChoiceSubmission)
  }
  // End of list of possible types for union field content.
}
フィールド
courseId

string

コースの識別子。

読み取り専用。

courseWorkId

string

対応するコース課題の識別子です。

読み取り専用。

id

string

生徒の提出物に Classroom で割り当てられた ID。これは、関連するコース課題の提出物ごとに一意です。

読み取り専用。

userId

string

この提出物を所有する生徒の ID。

読み取り専用。

creationTime

string (Timestamp format)

この送信時間の作成日。生徒がこのアイテムにアクセスしていない場合は、未設定になる可能性があります。

読み取り専用。

RFC3339 UTC & Zulu 形式のタイムスタンプ(解像度はナノ秒、小数点以下 9 桁まで)。(例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z")。

updateTime

string (Timestamp format)

この送信の最終更新日時です。生徒がこのアイテムにアクセスしていない場合は、未設定になる可能性があります。

読み取り専用。

RFC3339 UTC & Zulu 形式のタイムスタンプ(解像度はナノ秒、小数点以下 9 桁まで)。(例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z")。

state

enum (SubmissionState)

この送信の状態。

読み取り専用。

late

boolean

送信が遅れたかどうか。

読み取り専用。

draftGrade

number

保留中の成績(省略可)。未設定の場合、成績は設定されません。負の値を指定することはできません。小数点以下の値も使用できますが、小数点以下 2 桁に四捨五入されます。

これはコースの教師のみが表示し、変更できます。

assignedGrade

number

(省略可)成績。未設定の場合、成績は設定されません。負の値を指定することはできません。小数点以下の値も使用できますが、小数点以下 2 桁に四捨五入されます。

これはコースの講師のみが変更できます。

courseWorkType

enum (CourseWorkType)

提出する課題のタイプ。

読み取り専用。

associatedWithDeveloper

boolean

この生徒の提出物が、リクエストを行っている Play Console プロジェクトに関連付けられているかどうか。

詳しくは、courseWork.create をご覧ください。

読み取り専用。

submissionHistory[]

object (SubmissionHistory)

提出履歴(状態の履歴と成績の履歴を含む)。

読み取り専用。

共用体フィールド content。提出コンテンツ。具体的な型は、course_work_type の値によって異なります。content は次のいずれかになります。
assignmentSubmission

object (AssignmentSubmission)

courseWorkType が ASSIGNMENT の場合の送信コンテンツ。

生徒は studentSubmissions.modifyAttachments を使用してこのコンテンツを変更できます。

shortAnswerSubmission

object (ShortAnswerSubmission)

courseWorkType が SHORT_ANSWER_QUESTION の場合の送信コンテンツ。

multipleChoiceSubmission

object (MultipleChoiceSubmission)

courseWorkType が MULTIPLE_CHOICE_QUESTION の場合は、送信コンテンツ。

提出ステータス

生徒の提出ステータス

列挙型
SUBMISSION_STATE_UNSPECIFIED 状態が指定されていません。これは返されません。
NEW 生徒がこの提出物にアクセスしたことがない。添付ファイルは返されず、タイムスタンプは設定されません。
CREATED を作成しました。
TURNED_IN 教師に提出済み。
RETURNED 生徒に返却されました。
RECLAIMED_BY_STUDENT 生徒が課題の [提出を取り消す] を選択しました。

課題の提出

生徒の課題(課題)。

JSON 表現
{
  "attachments": [
    {
      object (Attachment)
    }
  ]
}
フィールド
attachments[]

object (Attachment)

生徒が追加した添付ファイル。生徒が Classroom で課題にアクセスしていない場合、共有モード「STUDENT_COPY」が設定された資料に対応するドライブ ファイルは、まだ存在しない可能性があります。

一部の添付ファイルのメタデータは、リクエスト元のユーザーがそのファイルにアクセスする権限を持っている場合にのみ入力されます。ID と alternateLink 項目は常に使用できますが、それ以外の項目(title など)は使用できません。

アタッチメント

生徒の課題に添付ファイルを追加しました。

添付ファイルを作成する場合、form フィールドの設定はサポートされていません。

JSON 表現
{

  // Union field attachment can be only one of the following:
  "driveFile": {
    object (DriveFile)
  },
  "youTubeVideo": {
    object (YouTubeVideo)
  },
  "link": {
    object (Link)
  },
  "form": {
    object (Form)
  }
  // End of list of possible types for union field attachment.
}
フィールド
共用体フィールド attachment。添付ファイルのデータ。attachment は次のいずれかになります。
driveFile

object (DriveFile)

Google ドライブのファイルの添付ファイル。

youTubeVideo

object (YouTubeVideo)

YouTube 動画添付ファイル。

form

object (Form)

Google フォームの添付ファイル。

ShortAnswerSubmission(ショート回答の提出)

記述式問題用の生徒の課題。

JSON 表現
{
  "answer": string
}
フィールド
answer

string

記述式問題に対する生徒の解答。

多肢選択式

多肢選択式の質問に対する生徒の課題。

JSON 表現
{
  "answer": string
}
フィールド
answer

string

生徒の選択。

送信履歴

送信履歴。現在、履歴や成績の履歴も含まれます。

JSON 表現
{

  // Union field type can be only one of the following:
  "stateHistory": {
    object (StateHistory)
  },
  "gradeHistory": {
    object (GradeHistory)
  }
  // End of list of possible types for union field type.
}
フィールド
共用体フィールド type。SubmitHistory の種類。StateHistory、GradeHistory のいずれかを指定できます。type は次のいずれかになります。
stateHistory

object (StateHistory)

送信時の状態履歴情報(存在する場合)。

gradeHistory

object (GradeHistory)

提出物の成績の履歴情報(存在する場合)。

州の履歴

この送信の状態の各履歴。

JSON 表現
{
  "state": enum (State),
  "stateTimestamp": string,
  "actorUserId": string
}
フィールド
state

enum (State)

ワークフロー パイプラインのステージ。

stateTimestamp

string (Timestamp format)

送信内容がこのステータスになったとき。

RFC3339 UTC & Zulu 形式のタイムスタンプ(解像度はナノ秒、小数点以下 9 桁まで)。(例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z")。

actorUserId

string

変更を行った教師または生徒。

状態

送信されたステータス

列挙型
STATE_UNSPECIFIED 状態が指定されていません。これは返されません。
CREATED 提出物が作成されました。
TURNED_IN 生徒は割り当てられたドキュメントを提出しました。テンプレートはテンプレートであるとは限りません。
RETURNED 教師が課題を生徒に返却しました。
RECLAIMED_BY_STUDENT 生徒が課題を提出し、課題の「提出を取り消して」を承諾すると、生徒は課題を再び主体的に管理できるようになりました。
STUDENT_EDITED_AFTER_TURN_IN 生徒が提出後に課題を編集した。現在のところ、質問が生徒が解答を編集したときにのみ使用されます。

成績の履歴

この提出物の成績の履歴。

JSON 表現
{
  "pointsEarned": number,
  "maxPoints": number,
  "gradeTimestamp": string,
  "actorUserId": string,
  "gradeChangeType": enum (GradeChangeType)
}
フィールド
pointsEarned

number

この時点での提出物の成績履歴における成績の分子。

maxPoints

number

提出物の成績履歴で、現在の成績の分母。

gradeTimestamp

string (Timestamp format)

提出物の成績が変更された日時です。

RFC3339 UTC & Zulu 形式のタイムスタンプ(解像度はナノ秒、小数点以下 9 桁まで)。(例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z")。

actorUserId

string

成績を変更した教師。

gradeChangeType

enum (GradeChangeType)

提出物の成績履歴における、現在の成績変更の種類。

成績の変更タイプ

変更可能な成績のタイプ。

列挙型
UNKNOWN_GRADE_CHANGE_TYPE 成績変更の種類が指定されていません。これは返されません。
DRAFT_GRADE_POINTS_EARNED_CHANGE 仮成績の分子の変更。
ASSIGNED_GRADE_POINTS_EARNED_CHANGE 割り当てられた成績の分子の変化。
MAX_POINTS_CHANGE 成績の分母の変化。

Methods

get

生徒の提出物が返されます。

list

リクエストによる OAuth スコープを考慮し、リクエスト送信者に閲覧を許可する生徒の提出物の一覧を返します。

modifyAttachments

生徒の提出物の添付ファイルを変更します。

patch

生徒の提出物の 1 つ以上のフィールドを更新します。

reclaim

生徒の提出物を、生徒本人に代わって回収します。

return

生徒の提出物が返されます。

turnIn

生徒の提出物を提出する。