ユーザーが Classroom と Google Meet を使用している場合は、Google Meet コースの生徒の出席状況を確認する Apps Script クイックスタートをご覧ください。

GradeCategory

コース内の成績のカテゴリに関する詳細。

課題にはゼロまたは 1 つの成績のカテゴリがあり、そのカテゴリは総合成績の計算に使用できます。詳しくは、ヘルプセンターの記事をご覧ください。

JSON 表現
{
  "id": string,
  "name": string,
  "weight": integer,
  "defaultGradeDenominator": integer
}
フィールド
id

string

成績カテゴリの ID。

name

string

成績のカテゴリの名前。

weight

integer

全体の平均に対するカテゴリ平均の重み付け。12.34% のウェイトは 123400 となります(100% は 1,000,000)。小数点以下 2 桁を使用しているため、末尾 2 桁は常にゼロにする必要があります。成績の計算タイプが WEIGHTED_CATEGORIES の場合にのみ有効です。

defaultGradeDenominator

integer

分母のデフォルト値。採点方法が TOTAL_POINTS の場合のみ有効です。