スマートホームのアクションを作成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホーム アクションは、会話型アクションとはストラクチャが異なります。ユーザーがアクションをトリガーするプロセスとアクションの会話が処理されるため、デベロッパーはスマートホーム インテントをサービスで処理するだけで済みます。

Google スマートホーム アクションのエンドツーエンドの完全なサンプル:

サンプルに移動

エンドツーエンド サンプルを使用しない場合は、次の手順に沿って作成してください。

スマートホーム アクションを作成するには:

  1. アカウント リンク用 OAuth 2.0 サーバーの設定
  2. Actions on Google デベロッパー プロジェクトの作成
  3. プロジェクトへの認証の追加

OAuth 2.0 サーバーの設定

ユーザーを認証するには公開 OAuth 2.0 サーバーが必要です。

認証を使用すると、ユーザーの Google アカウントと認証システム内のユーザー アカウントを関連付けることができます。これにより、フルフィルメントでスマートホーム インテントを受け取ったときにユーザーを識別できます。Google スマートホームは、認証コード フローを使用した OAuth のみに対応します。

OAuth 2.0 サーバーの設定手順については、OAuth によるアカウント リンクを実装するをご覧ください。

Actions on Google デベロッパー プロジェクトの作成

デベロッパー プロジェクトを作成するには:

  1. アクション コンソールに移動します。
  2. [New project](新しいプロジェクト)をクリックします。
  3. プロジェクトの名前を入力して、[Create Project](プロジェクトを作成)をクリックします。
  4. プロジェクトが作成されたら、[Smart Home](スマートホーム)をクリックします。
  5. [Start building](始める)をクリックします。
  6. [Quick Setup](クイック セットアップ)で、[Name your Smart Home action](スマートホーム アクションに名前を付ける)をクリックします。アクションの名前を入力して、[Save](保存)をクリックします。これは、Google Home アプリから接続可能なスマートホーム アクションの名前です。
  7. 左側のメニューで、[Actions](アクション)をクリックします。
  8. [Fulfillment URL](フルフィルメント URL)フィールドに、スマートホーム インテントのフルフィルメントを提供するバックエンド サーバーの URL を入力し、[Save]をクリックします。 フルフィルメントの仕組みの詳細については、フルフィルメントと認証をご覧ください。
  9. 上部のメニューで [Test](テスト)をクリックします。[Simulator](シミュレータ)ページで、[Start Testing](テストを開始)をクリックしてプロジェクトのセットアップを終了します。テストの詳細については、スマートホーム アクションのテストと共有をご覧ください。

スマートホーム アクション プロジェクトを作成し、フルフィルメント URL を入力しました。これで、プロジェクトに認証を追加できます。

プロジェクトへの認証の追加

認証サーバーをセットアップしてプロジェクトを作成したら、プロジェクトに認証を追加する必要があります。コンソールでアカウント リンクを設定するの手順をご覧ください。

スマートホーム アクション プロジェクトに認証を追加しました。 これで、スマートホーム インテントを処理するロジックを作成する準備が整いました。インテントを処理するをご覧ください。