クイックスタート: Google Meet コースで生徒の出席を確認する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページの手順に沿って、Google Meet の会議で配信される Google Classroom コースの出席状況を追跡する Google スプレッドシート アドオンを作成します。以下の画像は、出欠が記録されたコースを示しています。

セットアップ

このクイックスタートを設定する手順は次のとおりです。

  1. 新しい Google スプレッドシートを作成します。
  2. 新しいシートで、メニュー項目から [Extensions] > [Apps Script] を選択します。ウェルカム画面が表示されたら、[Blank Project] をクリックします。
  3. スクリプト エディタでコードを削除します。
  4. 「無題のプロジェクト」をクリックし、プロジェクト名を「参加者」に変更します。
  5. [リソース] > [Google の高度なサービス] をクリックします。
  6. 表示されたダイアログで、Google Classroom APIAdmin Reports APIオン / オフ スイッチを見つけてクリックします。
  7. Code.js ファイル名の右側にある下矢印をクリックします。
  8. [名前を変更] を選択します。
  9. ファイル名を「Attendance."」に変更します。
  10. 次のコードをコピーして、スクリプト エディタに貼り付けます。
/* Menu Options */
function onOpen() {
  var ui = SpreadsheetApp.getUi();
  ui.createMenu('Options')
      .addItem("Import Last 5 Courses", 'importCourses')
      .addItem('Check Attendance on Current Sheet', 'checkAll')
      .addToUi();
}

/*
  Description: Option for teachers to import their
  most 5 recently created courses
*/
function importCourses() {
  var optionalArgs = {
    teacherId: 'me',
    courseStates: 'ACTIVE'
  };
  var response = Classroom.Courses.list(optionalArgs);
  var courses = response.courses
  for (var i = 0; i < courses.length; i++) {
    var courseName = courses[i].name
    var courseId = courses[i].id
    insertCourse(courseName, courseId)
  }
}

/*
  Description: Create the Sheet for Course
  @param {String} courseName - Name of Course
  @param {String} courseId - Corresponding Classroom ID
*/
function insertCourse(courseName, courseId) {
    var spreadsheetName = courseName + "(" + courseId + ")"
    var activeSpreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
    var yourNewSheet = activeSpreadsheet.getSheetByName(spreadsheetName);

    if (yourNewSheet != null) {
        return
    }
    yourNewSheet = activeSpreadsheet.insertSheet();
    yourNewSheet.setName(spreadsheetName);
    yourNewSheet.appendRow(['Student Name', 'Email Address', 'Replace with Meet Code'])
    yourNewSheet.setFrozenRows(1)
    var studentNames = getRoster(courseId)["studentNames"]
    var studentEmails = getRoster(courseId)["studentEmails"]
    for (var i = 0; i < studentNames.length; i++) {
      yourNewSheet.appendRow([studentNames[i],studentEmails[i]])
    }
    yourNewSheet.autoResizeColumns(1, 2)
    yourNewSheet.setFrozenColumns(2)
  }

/*
  Description: Adds the course's students to the course sheet
  @param {String} courseId - Corresponding Classroom ID
*/
function getRoster(courseId) {
  var studentNames = []
  var studentEmails = []
  var optionalArgs = {
      pageSize: 100
  };
  var response = Classroom.Courses.Students.list(courseId, optionalArgs)
  var students = response.students

  for (var i = 0; i <= students.length; i++) {
    try {
      studentNames.push(students[i].profile.name.fullName)
      studentEmails.push(students[i].profile.emailAddress)
    } catch (err) {
       return { "studentNames":studentNames, "studentEmails":studentEmails }
   }
 }
}

/*
  Description: Retrieves the Meet code from the Course Sheet
  and uses helper function to check attendance
*/
function checkAll() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var sheet = ss.getDataRange().getValues();
  for (var i = 2; i < sheet.length * 100; i++){
    var meetCode = getCleanCode(sheet[0][i])
    // No Meet code given
    if (meetCode == null) {
      break;
    }
    else {
      // check whether each student was present in Meet
      checkMeet(meetCode, i+1);
    }
  }
}

/*
  Description: Checks the Meet for attendance of the given student
  @param {String} meetCode - Raw Meet Code from Course Sheet
  @param {Integer} index - Index corresponding to the Student's row
  in the Course Sheet
*/
function checkMeet(meetCode, index) {
  // universal settings - static
  var userKey = 'all';
  var applicationName = 'meet';
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var sheet = ss.getDataRange().getValues();
  for (var i = 0; i < sheet.length-1; i++) {
    var emailAddress = sheet[i+1][1]
    var optionalArgs = {
      event_name: "call_ended",
      filters: "identifier==" + emailAddress + ",meeting_code==" + meetCode
    };
    try {
      var response = AdminReports.Activities.list(userKey, applicationName, optionalArgs);
      var activities = response.items;
      if (activities == null) {
        markAbsent(ss,i+2,index)
      }
      else {
        markPresent(ss,i+2,index)
      }
    } catch (err) {
        continue
     }
  }
}

/*
  Description: Strips any "-' Characters to match needed format
  for Reports API
  @param {String} meetCode - Raw Meet Code from Course Sheet
*/
function getCleanCode(meetCode) {
  try{
    return meetCode.replace("/-/g","")
  } catch (err) { return meetCode; }
}

/*
  Description: Marks the student as absent for their corresponding cell
  @param {Object} sheet - Course Sheet object
  @param {Integer} i - Index of Sheet cell column to be filled
  @param {Integer} j - Index of Sheet cell row to be filled
*/
function markAbsent(sheet, i, j) {
    var cell = sheet.getRange(i, j);
    cell.setValue("Absent");
}

/*
  Description: Marks the student as absent for their corresponding cell
  @param {Object} sheet - Course Sheet object
  @param {Integer} i - Index of Sheet cell column to be filled
  @param {Integer} j - Index of Sheet cell row to be filled
*/
function markPresent(sheet, i, j) {
    var cell = sheet.getRange(i, j);
    cell.setValue("Present");
}
  1. [File > Save all] を選択します。

試してみる

このクイックスタートを試す手順は次のとおりです。

  1. スプレッドシートに戻り、ページを再読み込みします。メニューバーに [Options] メニューが表示されます。
  2. [Options > Import Last 5 Courses] をクリックします。スクリプトが認可を必要とすることを示すダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [続行] をクリックします。2 番目のダイアログ ボックスは、特定の Google サービスの承認をリクエストします。[Allow] をクリックします。スプレッドシートには、最新の 5 つのコースのシートが下部のタブで表示されます。各コースの最初の列にはコースの参加者のリストがあり、一番上の行には Google Meet ID が表示されています。
  4. コースのシートの 1 つをクリックします。
  5. [Options > Check Attendance on Current Sheet] をクリックします。参加は、現在のコースの Google Meet ID で行われます。
  6. 他の 4 つのクラスについて、ステップ 4 と 5 を繰り返します。

公開

これはアドオンの一例であるため、このチュートリアルはここで終了します。実際のアドオンを開発していた場合、最後の手順は、他のユーザーがそのアドオンを見つけてインストールできるように公開することです。

別の言語で出席アプリを作成する

また、REST API または対応するライブラリを使用して、出席アプリを作成したり、既存の遠隔学習アプリに出席機能を追加したりすることもできます。

このクイックスタートで使用する REST API は次のとおりです。

このクイックスタートのメソッド名は、これらの REST API のものと同じです。たとえば、AdminReports.Activities.list は Google Reports API の Activities.list に対応します。

詳細

Apps Script を使用して Google スプレッドシートを拡張する方法の詳細については、次のリソースをご覧ください。