関連資料ホーム

移行ガイド: v2.3 API から v2.4 と v3.0 への移行

この記事では、Management API と Core Reporting API を v2.3 から v2.4 に移行する際のガイドラインを提供しています。さらに、v3.0 に移行する場合の考慮事項についても説明します。

ウェブ トラッキング(ga.js)の記事


トラッキング コードのトラブルシューティング

この記事では、トラブルシューティング ツールを使用して Google アナリティクスのトラッキング コードの基本的な問題を特定し修正する方法を説明しています。

Reporting API の記事

バージョン 3.0

アナリティクス API についてのチュートリアル

このチュートリアルでは、ユーザーの認証、サービス オブジェクトの作成、Google アナリティクス API にクエリを行う方法を説明しています。Management API と Core Reporting API を使用したことがない方は、このチュートリアルを参照してください。

Google Apps スクリプトを使用したレポート処理の自動化

このチュートリアルでは、Apps スクリプトを使って Google スプレッドシート内で Management API と Core Reporting API にアクセスする方法を説明しています。

Google アナリティクスのマイレポート ライブラリ

このライブラリを使用して、簡単に独自のマイレポートを簡単に作成することができます。認証の処理、API クエリの発行、結果をわかりやすく表示するなどの手間のかかる作業が軽減されます。

一般的なクエリ

この記事では、Core Reporting API のクエリの中でも特に一般的なものを紹介します。

バージョン 2.3

ディメンションごとに時系列データを取得する - パート 1

この記事では、Data Export API を使ってディメンションごとに時系列データをエクスポートするプロセスを自動化し、時間を節約する方法について説明します。

ディメンションごとに時系列データを取得する - パート 2

この記事ではパート 1 の記事を踏まえ、フィルタ表現を使用してディメンションごとに時系列データを取得するのに必要な割り当て量を大幅に減少させる方法について説明します。

日付リクエストで欠落している値を埋める 2010 年 8 月

時系列に表示されるデータをリクエストした場合、時系列リクエストの日付が欠落していることがあります。複数のディメンションをリクエストした場合、Data Export API はデータが収集された日付のエントリのみを返します。この結果、時系列の日付が欠落することになりますが、ここではこの欠落している日付を埋める方法について説明します。

Data Export API から CSV 形式に出力する 2010 年 8 月

Google アナリティクスを使用していると、データがスプレッドシートに出力されることがあります。この記事では Data Export API のデータを最も一般的な表データのファイル形式である CSV に出力して、すべての手作業を自動化する方法について説明します。

Google グラフツールを使用してアナリティクス データを視覚化する 2010 年 8 月

この記事では JavaScript を使用して Export API からデータを抽出し、動的にグラフ画像を作成してウェブページに埋め込む方法について説明します。この操作を行うために、Data Export API と Google グラフツールを使用して Google アナリティクス データを視覚化する方法を示します。ここで紹介するサンプルコードは、JavaScript を使用して Export API からデータを抽出し、動的にグラフ画像を作成してウェブページに埋め込みます。

Java を使用して App Engine で Google アナリティクスを操作する 2009 年 10 月

この記事では、App Engine Java SDK を使って、認証された Google Data API リクエストを行う方法を説明します。この記事の例は AuthSub と OAuth に対応し、モデル ビュー コントローラ パターンを使用して、独自のアプリケーションを構築するためのモデルの役割を果たします。実際の例をお試しください。