このドキュメントでは、iOS SDK の以前のバージョンについて説明します。初めてアナリティクスを使用する場合は、最新の SDK を使用してください。詳細

オプション機能

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

CocoaPods を使用するか、手動で Google アナリティクス開発者サービス SDK を使用して iOS アプリを設定したら、下記のオプションのファイルを含めることで、拡張 e コマース、IDFA(広告主識別子)、iAd インストール キャンペーン測定などの特定の機能を有効にできます。

拡張 e コマース

拡張 e コマース機能を使用するには、次のファイルをアプリに追加します。

  • GAIEcommerceFields.h

IDFA(広告主識別子)

IDFA(広告主識別子)を使用するには、次のファイルをアプリにリンクしてから、IDFA の収集を有効にします

  • libAdIdAccess.a
  • AdSupport.framework

CocoaPods を使用して依存関係をインストールおよび管理している場合、IDFA を収集するには、手動で libAdIdAccessAdSupport.framework をリンクする代わりに、Podfile に GoogleIDFASupport CocoaPod を追加してください。

pod 'GoogleIDFASupport'

これによって、必須の IDFA ライブラリとシステム フレームワークがリンクされます。

IDFA(広告主識別子)の収集を有効にする

IDFA の収集を有効にするには、IDFA を収集する各トラッカーで allowIDFACollection プロパティを YES に設定します。次に例を示します。

// Enable IDFA collection.
tracker.allowIDFACollection = YES;

iAd インストール キャンペーンの測定

自動の iAd インストール キャンペーンの測定を使用するには、次のフレームワークをアプリ ターゲットのリンク ライブラリに追加します。

  • iAd.framework