gtag.js で永続値を設定する

ウェブページでイベントが発生するたびに送信される値を設定するには、送信する値を使用してプロパティの config を更新します。

たとえば、サイトのすべてのトランザクションで同じ通貨を使用する場合、イベントごとに通貨を指定する代わりに、config コマンドに currency パラメータを追加します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', {'currency': 'USD'});

config コマンドには複数のパラメータを設定できます。たとえば、次のコードは currency パラメータと country パラメータを同時に設定します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', {
  'currency': 'USD',
  'country': 'US'
});

1 つのページに複数のプロパティを設定する場合は、set コマンドを使用した方が簡単です。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_1');
gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_2');
gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_3');
gtag('set', {'country': 'US'});

配列値を割り当てる

パラメータに配列値を割り当てると、そのパラメータに関連付けられている既存の配列が新しい配列で上書きされます。たとえば、次のようなコードがあるとします。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', {'names': ['Alice', 'Bob']});
gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', {'names': ['Carol']});

このコードの実行後は、names の値が ['Carol'] になります。