Google アナリティクスのイベントを測定する

このページでは、gtag.js を使用して Google アナリティクスのイベントを送信する方法を説明します。

イベントを送信する

グローバル サイトタグが追加されたページのイベントを送信するには、次の構文で gtag.js の event コマンドを使用します。

gtag('event', <action>, {
  'event_category': <category>,
  'event_label': <label>,
  'value': <value>
});
名前 デフォルト値 説明
<action> string Google アナリティクスのイベント レポートでイベント アクションとして表示される値。
<category> string "(not set)" イベントのカテゴリ。
<label> string "(not set)" イベントのラベル。
<value> number イベントの値(価値)として表示される 0 以上の整数。

次の例では、アクションが 'aaa'、カテゴリが 'bbb'、ラベルが 'ccc' のイベントが送信されます。

gtag('event', 'aaa', {
  'event_category' : 'bbb',
  'event_label' : 'ccc'
});

<category> または <label> が省略されると、"(not set)" のデフォルト値に設定されます。

イベントの構造が Google アナリティクスで解釈する仕組みについて詳しくは、Google アナリティクス イベントのパラメータのさまざまな要素をご覧ください。

デフォルトの Google アナリティクス イベント

カテゴリとラベルがあらかじめ設定されているデフォルトの Google アナリティクス イベントを使用する必要があります。これらのイベントを使用することで、レポートの一貫性や将来実装される機能との相互運用性を確保しやすくなります。

次の表は、デフォルトの Google アナリティクス イベントと、各イベントのデフォルトのカテゴリ、デフォルトのラベルタイプ(利用できる場合)を示したものです。表に記載のないイベント(例: 自作したイベントなど)の場合、デフォルトのカテゴリは "engagement"、デフォルトのラベルは "(not set)" です。

イベント名 デフォルトのカテゴリ デフォルトのラベルタイプ
add_payment_info ecommerce  
add_to_cart ecommerce  
add_to_wishlist ecommerce  
begin_checkout ecommerce  
checkout_progress ecommerce  
generate_lead engagement  
login engagement method
purchase ecommerce  
refund ecommerce  
remove_from_cart ecommerce  
search engagement search_term
select_content engagement content_type
set_checkout_option ecommerce  
share engagement method
sign_up engagement method
view_item engagement  
view_item_list engagement  
view_promotion engagement  
view_search_results engagement search_term

非インタラクション イベントを送信する

非インタラクション イベントを送信するには、non_interaction パラメータを true に設定します。たとえば次のようになります。

gtag('event', 'video_auto_play_start', {
  'event_label': 'My promotional video',
  'event_category': 'video_auto_play',
  'non_interaction': true
});