ユニバーサル アナリティクスのイベントを Google アナリティクス 4 のイベントとして測定する方法

この記事では、ユニバーサル アナリティクス プロパティのイベントを Google アナリティクス 4(GA4)のイベントとして測定する方法を説明します。

UA と GA4 プロパティに同時にデータを入力するには、UA プロパティと GA4 プロパティの両方のタグを追加します

イベントタグが機能するためには、基本のページタグが必要です。

ユニバーサル アナリティクスと Google アナリティクス 4 のイベントの違い

ユニバーサル アナリティクス(UA)プロパティでは、イベントは、カテゴリ、アクション、ラベルで構成される特殊なヒット(ページビューなどとは異なる)のことを指します。一方、Google アナリティクス 4(GA4)プロパティでは、(ページビューを含む)すべてがイベントとして扱われます。GA4 イベントにはカテゴリ、アクション、ラベルの概念がないため、UA プロパティとは異なり、GA4 レポートにはカテゴリ、アクション、ラベルは表示されません。したがって、既存のイベント構造を GA4 に移植するのではなく、GA4 モデルの観点からデータ収集を再考することをおすすめします。

GA4 のイベントには次のようなものがあります。

同等の GA4 イベントを確認

UA イベントを GA4 に変換する方法は以下のとおりです。

  1. まずは、そのウェブイベントと同様の機能を持つ自動収集イベントがないか確認します。イベントが見つかった場合、新しいイベントを作成する必要はありません。同様の機能を持つ自動収集イベントがない場合は、ステップ 2 に進みます。
  2. 同様の機能を持つ、測定機能の強化イベントを探します。イベントが見つかった場合、新しいイベントを作成する必要はありません。
  3. 同様の機能を持つ推奨イベントを探します。推奨イベントをトリガーするタグを実装します。
  4. 最終的に同様の機能を持つ適切なイベントが見つからなかった場合は、カスタム イベントを作成します。

例: 測定機能の強化イベント

ユニバーサル アナリティクス(UA)のイベントを使用して離脱クリック数を測定している場合、これと同じ機能を持つ測定機能の強化イベントがすでに存在するため、カスタム イベントを作成する必要はありません。同様に、UA イベントを使用してファイルのダウンロード数を測定している場合も、測定機能の強化イベントの「ファイルのダウンロード(file_download)」を使用できます。

測定機能の強化イベントに UA イベントと同様の機能を持つものが見つかっても、必要なパラメータがサポートされていない場合があります。たとえば、使用したい file_download イベントで、file size パラメータがサポートされていないとします。このパラメータを追加するには、まず [測定機能の強化] で [ファイルのダウンロード] を無効にしてから、任意のパラメータを指定して file_download イベントを手動で送信します。

gtag('event', 'file_download', {
  file_extension: '.mp4',
  file_name: 'tutorial.mp4',
  link_url: '/videos/tutorial.mp4',
  link_text: 'Download the tutorial here!'
  // Custom parameter
  file_size: '275 MB'
})

例: 対応する Google アナリティクス 4 イベントがないユニバーサル アナリティクス イベント

たとえば、analytics.js で次のカスタム イベントを送信するとします。

ga('send', 'event', 'myCustomEvent', 'myEventAction1', 'myEventLabel1');

構文を少し変更すると、次のようになります。

ga('send', {
 hitType: 'event',
 eventCategory: 'myCustomEvent',
 eventAction: 'myEventAction1',
 eventLabel: 'myEventLabel1'
});

myCustomEvent には自動収集イベント、測定機能の強化イベント、推奨イベントのいずれにも該当するものがないため、gtag.js で次のようにトリガーします。

gtag('event', 'myCustomEvent', {
  "TheEventAction": "myEventAction1",
  "TheEventLabel" : "myEventLabel1"
});

TheEventActionTheEventLabel はカスタム イベント パラメータであるため、レポートに表示するには登録する必要があります。

現在 gtag.js を使用している場合

現在、gtag.js を使用してユニバーサル アナリティクス(UA)プロパティにタグを設定し、上記のコードサンプルのようにイベントをトリガーする場合は、イベントは自動的に Google アナリティクス 4(GA4)プロパティに送信されます。また、次の条件を満たす必要があります。

  1. 基本的な gtag.js スニペットに GA4 測定 ID を追加している
  2. send_to パラメータがイベントに明示的に割り当てられていない

ページ上のイベントコードをすべて見直し、すべての gtag.js イベントをページ上のすべての gtag.js コンテナに送信する必要があるかどうか確認してください。その必要がある場合は、イベントをそのままにします。必要ない場合は、「send_to」パラメータを追加して、イベントを送信するプロパティまたはサービス(Google 広告など)を指定します。

Google タグ マネージャーを使用している場合

Google タグ マネージャーで同じ操作を行うには、Google アナリティクス 4(GA4)のイベントタグを作成します。

  1. [タグ] > [新規] をクリックします。
  2. [タグの設定] をクリックして [Google アナリティクス: GA4 イベント] を選択します。
  3. [設定タグ] で、メニューから GA4 設定タグを選択します。
  4. [イベント名] に「myCustomEvent」と入力します。
  5. [イベント パラメータ] を展開し、次のパラメータ名のエントリを含む 2 つの行を追加します。

    パラメータ名
    TheEventAction myEventAction1
    TheEventLabel myEventLabel1
  6. [トリガー] をクリックし、タグを配信するイベントを選択します。

  7. タグに適切な名前(「GA4 イベント - クリック - カートに追加」など)を付けて保存し、コンテナを公開します。

ユニバーサル アナリティクスと Google アナリティクス 4 のレポートの比較

ユニバーサル アナリティクス(UA)プロパティでは、myCustomEvent のレポートを [行動] > [イベント] > [上位のイベント] で確認できます。このレポートでは、UA イベントがカテゴリ別およびアクション別に表示されます。

カスタム イベントのカテゴリとアクションが表示されている上位イベントのビュー

一方、Google アナリティクス 4 プロパティでは、myCustomEvent は他のイベントと一緒にレポートされます。

リアルタイム レポートには、myCustomEvent が次のように表示されます。

myCustomEvent および myEventAction1 と myEventAction2 の結果が表示されているリアルタイム レポート

行動レポートには、myCustomEvent が次のように表示されます。

myCustomEvent がリストに表示されている行動レポートのビュー