Google アナリティクスのスタートガイド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

この記事では、Google アナリティクスを使用するようアプリを構成する方法について説明します。ウェブサイトを構成するには、アナリティクスで新しいウェブサイトまたはアプリのセットアップを行うをご覧ください。

始める前に

Firebase を Apple プロジェクトに追加し、Firebase プロジェクトでアナリティクスが有効になっていることを確認します。

  • Firebase プロジェクトを新たに作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローでアナリティクスを有効にします。

  • アナリティクスが有効になっていない既存の Firebase プロジェクトを使用する場合は、 の [統合] タブ > [プロジェクトの設定] に移動して有効にします。

    プロジェクトでアナリティクスを有効にすると、Firebase アプリがアナリティクス データ ストリームにリンクされます。

(推奨)プロジェクトに AdSupport Framework を追加して、オーディエンスやキャンペーン アトリビューションなどの追加機能を有効にします。

アプリにアナリティクス SDK を追加する

Swift Package Manager を使用して Firebase の依存関係のインストールと管理を行います。

  1. Xcode でアプリのプロジェクトを開いたまま、[File] > [Add Packages] の順に移動します。
  2. プロンプトが表示されたら、Firebase Apple プラットフォーム SDK リポジトリを追加します。
  3. https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk
  4. アナリティクス ライブラリを選択します。
  5. アナリティクスでのエクスペリエンスを最適化するために、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にして、Google アナリティクス向けの Firebase SDK をアプリに追加することをおすすめします。ライブラリで IDFA の収集を行う / 行わないを選択できます。
  6. 完了すると、Xcode がバックグラウンドで依存関係の解決とダウンロードを自動的に開始します。
  7. 完了すると、Xcode がバックグラウンドで依存関係の解決とダウンロードを自動的に開始します。

デバイスレベルの広告識別子である IDFA について詳しくは、Apple のユーザーのプライバシーとデータの使用と、App Tracking Transparency に関するドキュメントをご覧ください。

次に、以下の構成手順を行います。

  1. Firebase モジュールを UIApplicationDelegate にインポートします。

    Swift

    import FirebaseCore
    import FirebaseAnalytics
            

    Objective-C

    @import FirebaseCore;
    @import FirebaseAnalytics;
            
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常はアプリの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで行います。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];

(省略可)Apple の広告ネットワーク アトリビューション登録を無効にする

SDK は SKAdNetwork を使用して Apple の広告ネットワーク アトリビューションにアプリを自動的に登録します。この機能を無効にするには、アプリの info.plist ファイルで GOOGLE_ANALYTICS_REGISTRATION_WITH_AD_NETWORK_ENABLED の値を NO(ブール値)に設定します。

次のステップ