このドキュメントでは、以前のバージョンの Android SDK について説明します。初めてアナリティクスを使用する場合は、最新の SDK を使用してください。詳細

Android アプリにアナリティクスを追加する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このガイドでは、Android アプリにアナリティクスを追加して、名前付き画面へのユーザー アクションを測定する方法を説明します。アプリケーションがまだ存在せず、アナリティクスの仕組みを知りたい場合は、サンプル アプリケーションをご覧ください。

必須: 最新バージョン:

プロジェクトをセットアップする

プロジェクトの AndroidManifest.xml ファイルを更新して、INTERNET 権限と ACCESS_NETWORK_STATE 権限を追加します。

<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
          package="com.example.analytics">

  <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>

  <application android:name="AnalyticsApplication">
    ...
  </application>
</manifest>

プロジェクト レベルの build.gradle に、次の依存関係を追加します。

dependencies {
  // ...
  classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0'
}

Google Play 開発者サービスに対する次の依存関係を app/build.gradle に追加します。

dependencies {
  // ...
  compile 'com.google.android.gms:play-services-analytics:10.2.4'
}

global_tracker.xml の作成

app/src/res/xml/global_tracker.xml ファイルを作成し、次の内容を追加します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
  <string name="ga_trackingId" translatable="false">${YOUR_TRACKING_ID}</string>
</resources>

${YOUR_TRACKING_ID} は、トラッキング ID で置き換えます。

スクリーン トラッキングを追加する

ユーザーがアプリの画面を開いたり、画面を変更したりするたびに、名前付きスクリーン ビューをアナリティクスに送信します。コードは次の処理を行います。

  • Application サブクラスを使用して共有トラッカーを指定する。
  • フォアグラウンド Activity のコールバック メソッドをオーバーライドする。
  • スクリーンの名前を設定して、トラッキングを実行する。

Application(アプリケーション)

Application をサブクラス化して、アプリのトラッカーを返すヘルパー メソッドを提供する必要があります。</>

/*
 * Copyright Google Inc. All Rights Reserved.
 *
 * Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
 * you may not use this file except in compliance with the License.
 * You may obtain a copy of the License at
 *
 *     http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
 *
 * Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
 * distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
 * WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
 * See the License for the specific language governing permissions and
 * limitations under the License.
 */

package com.google.samples.quickstart.analytics;

import android.app.Application;

import com.google.android.gms.analytics.GoogleAnalytics;
import com.google.android.gms.analytics.Tracker;

/**
 * This is a subclass of {@link Application} used to provide shared objects for this app, such as
 * the {@link Tracker}.
 */
public class AnalyticsApplication extends Application {

  private static GoogleAnalytics sAnalytics;
  private static Tracker sTracker;

  @Override
  public void onCreate() {
    super.onCreate();

    sAnalytics = GoogleAnalytics.getInstance(this);
  }

  /**
   * Gets the default {@link Tracker} for this {@link Application}.
   * @return tracker
   */
  synchronized public Tracker getDefaultTracker() {
    // To enable debug logging use: adb shell setprop log.tag.GAv4 DEBUG
    if (sTracker == null) {
      sTracker = sAnalytics.newTracker(R.xml.global_tracker);
    }

    return sTracker;
  }
}

Activity または Fragment

トラッキングする Activity を開きます。Fragment をトラッキングすることもできますが、スクリーン ビューを正しく表していることを確認してください。

トラッキングする Activity または FragmentonCreate メソッドをオーバーライドして、共有の Tracker インスタンスを取得します。

// Obtain the shared Tracker instance.
AnalyticsApplication application = (AnalyticsApplication) getApplication();
mTracker = application.getDefaultTracker();

適切なメソッド(ActivityonResumeViewPageronPageSelected など)をオーバーライドして、画面が変更されたときにログに記録します。

Log.i(TAG, "Setting screen name: " + name);
mTracker.setScreenName("Image~" + name);
mTracker.send(new HitBuilders.ScreenViewBuilder().build());

画面を表すすべての Activity または Fragment にトラッキング コードを追加します。アナリティクスのアプリでスクリーン ビューを区別したい場合は、Activity または Fragment ごとに名前を設定してください。共有トラッカーに記録されたすべてのアクティビティは、置換または削除(null に設定)されるまで最新のスクリーン名を送信します。

イベントを送信する

イベントを送信するには、スクリーン フィールドの値をトラッカーに設定し、ヒットを送信します。 次の例では、HitBuilders.EventBuilder を使用して Event を送信しています。

mTracker.send(new HitBuilders.EventBuilder()
    .setCategory("Action")
    .setAction("Share")
    .build());

次のステップ

  • Google アナリティクスを使用してユーザーの操作を測定したりアプリの使用状況に関する質問に回答したりする方法については、モバイルアプリ実装ガイドをご覧ください。

  • サンプリング、テストとデバッグ、オプトアウト設定などの追加の構成オプションを確認する。

  • アプリで広告 ID を収集する必要がある場合は、そのアプリで広告向けの機能を有効にします。