表示回数 0 回のレポート

このドキュメントでは、ゼロインプレッションとは何か、またレポートにどのような影響を与えるのかについて説明します。具体的には、インプレッション自体について、レポートに与える影響について、そしてレポートに含まれる場合と含まれない場合について解説します。また、インプレッションに関わるセグメント、指標、そして属性にはどのようなものがあるのかについても詳しく見ていきます。

ゼロインプレッションとは

一度も表示のなかった広告には、レポートに「ゼロインプレッション」の統計が含まれることがあります。広告が不承認となったため掲載されていない、または一時停止になっているなど、表示されない要因はさまざまです。表示回数が 0 回でも、パフォーマンスレポートの結果には反映されません。しかし、ゼロインプレッションを除外していないその他のレポートでは、必ず結果に含まれます。

ゼロインプレッションのデータをレポートから除外するには、フィルタにかける条件を追加するのが一般的です。たとえば、Impressions フィールドにGREATER_THAN の演算子と 0 の値の叙述関数を追加します。この方法を使うと、明らかに表示回数の値が 0 以上の結果のみが表示されることになるため、必然的にゼロインプレッションの行は表示されなくなります。その他の方法については、後ほど説明します。

ゼロインプレッションを除外した方がいい場合

レポートからゼロインプレッションを除外すると、レポートのサイズが小さくなります。使用されないデータを含まないため、小さくていいレポートだと考えられます。特に、一時停止になっているキャンペーンがたくさんレポートに含まれる場合は、結果のデータセットを不必要に大きくしてしまうことになるので、除外した方がいいでしょう。ゼロインプレッションは、API のパフォーマンスレポート機能には何も影響しませんが、アカウントの構成を提供するという別の役割があります。レポートを使用せずに、アカウントの構成を知るために AdWords のAPI SOAP の呼び出しをすると、非常に大きなリクエストが必要になります。その結果、API 使用量が増え、使用上限に達してしまうこともあります。ゼロインプレッションの結果をレポートに含めることにより、必要な項目についての構成情報を取得することができます。

たとえば、キーワードの掲載結果レポートidKeywordText について検索するとき、ゼロインプレッションを含めないと、必要最低限のデータしか回収できません。しかし、ゼロインプレッションを含めて CampaignIdAdGroupId などのフィールドを追加すると、現在使用されているキーワードを処理し、構成を構築することができます。

表示回数 0 回のレポートを活用する方法

レポートをダウンロードするには、アドホック レポートのダウンロード方法をご参照ください。 ReportDefinition XML または AWQL ステートメント を使用することができます。

ReportDefinitonService

アドホック レポートのダウンロードでは、ゼロインプレッションはデフォルトで含まれています。除外するには、includeZeroImpressions のフラグを false に設定しておきます。 しかし、このフラグを true に設定しても、ゼロインプレッションが含まれないことがあります。上記に示したように、最も確実にゼロインプレッションを除外できて、かつレポートサイズを小さくできる方法は、Impressions フィールドに GREATER_THAN0 の値の叙述関数を追加することです。この叙述関数の XML は以下のようになります。

<predicates>
 <field>Impressions</field>
 <operator>GREATER_THAN</operator>
 <values>0</values>
</predicates>

AWQL

AWQL の場合、同じ処理をするには AWQL のシンタックスを使用します。 クエリを追加するためのシンタックスを以下に示します。

WHERE Impressions > 0

ゼロインプレッションを除外する

セグメントフィールドを追加すると、ゼロインプレッションの行は表示されなくなります。指標や属性のフィールドを使用すると、ゼロインプレッションの結果を削除してしまわないようにすることができます。レポートをリクエストする際は、レポートのタイプを確認して、フィールドの特別な動作にご注意ください。ゼロインプレッションを含める場合は、すべてのフィールドが属性または指標である必要があります。

セグメントフィールドには、DateAdNetworkType1ClickTypeConversionTypeName などがあります。レポートにこのフィールドを含めると、1 つの行が複数の行に分割される場合があるので、ゼロインプレッションと併用することはできません。レポートに使用されるすべてのフィールドは、レポートのタイプページに記載されています。ゼロインプレッション行の非表示など、フィールドの特別動作についての詳細情報は備考欄でご確認ください。

まとめ

表示回数 0 回のレポートは、キーワードや広告などが一度も表示されなかった場合に報告されます。これには、いくつかの要因が考えられます。ゼロインプレッションは、構成を知るには役立ちますが、通常のレポートには含まれない方がいいものです。表示回数 0 回の結果は、叙述関数を用いて削除します。デフォルトでは返されます。レポートに記載が必要な場合は、分割表示行動をするフィールドは使用しないでください。詳しくは、それぞれのレポートのタイプについてのドキュメントでご確認ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。