CCPA 準拠に向けての準備

パブリッシャー様のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)遵守をサポートするため、Google Mobile Ads SDK では、制限付きデータ処理の有無を指定できる 2 つの異なるパラメータをご用意しています。この SDK では、次のシグナルを使用して広告リクエスト単位で RDP を設定できます。

いずれかのパラメータが使用されると、Google は、一部の一意 ID と、パブリッシャーへのサービスの提供で処理されるデータの使用方法を制限します。結果として、パーソナライズされていない広告のみが表示されます。これらのパラメータは、管理画面の RDP 設定より優先されます。

制限付きデータ処理を CCPA 準拠に向けた準備にどのように活用するか、またいつ有効にするかは、パブリッシャーが決定します。これら 2 つのパラメータのどちらを使っても Google の広告配信への影響は同じですし、両方を同時に使用してもかまいません。

このガイドでは、これらオプションのパラメータを広告リクエストごとに有効にするための手順を説明します。いずれの場合も、すべての広告リクエストに追加パラメータが付加されます。

RDP シグナル

Google のシグナルを使用して RDP を有効にする必要があることを Google に通知するには、rdp キーを追加パラメータとして挿入します。

次のスニペットは、RDP パラメータを使用して広告リクエストを作成する方法を示しています。

AdRequest request = new AdRequest.Builder().AddExtra("rdp", "1").Build();

IAB シグナル

IAB のシグナルを使用して RDP を有効にする必要があることを Google に通知するには、IABUSPrivacy_String キー(この名前を正確にコピーする)を追加パラメータとして挿入します。使用する文字列値が IAB 仕様に準拠していることをご確認ください。

次のスニペットは、IAB パラメータを使用して広告リクエストを作成する方法を示しています。

AdRequest request = new AdRequest.Builder()
    .AddExtra("IABUSPrivacy_String", "iab string").Build();