レポート

新しい AdMob アカウントでは、AdSense Management API を利用してレポートを作成できます。

概念

AdMob に適用される重要なコンセプトをいくつかご紹介します。

アカウント
AdSense アカウントには pub-xxxxxxxxxxxxxxxx という形式の ID が割り当てられています。この ID は、AdSense Management API リファレンスのほとんどのエンドポイントにアクセスする際に必要になります(AdMob 管理画面では、[設定] ページの [アカウント情報] でパブリッシャー ID を確認できます)。
広告クライアント
広告クライアントでは、アカウントとサービスの関係を指定します。新しい AdMob アカウントには、ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx という形式の広告クライアント ID が設定されています(広告クライアントは AdSense Management API で Accounts.adclients.list の呼び出しを使用して取得できます)。AdMob レポートで必要が生じた場合は、この広告クライアント ID を使用します。
広告ユニット

広告ユニットでは、広告のプレースホルダを個別に指定します。AdSense Management API で使用するには、ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx:nnnnnnnnnn の形式に変更します(AdMob 管理画面では、[アプリ] > お客様のアプリ > [広告ユニット] > [広告ユニット ID] で広告ユニット ID を確認できます)。

広告ユニットは、API で Accounts.adunits.list の呼び出しを使用して取得することもできます。

AdSense Management API に関するドキュメントでは、多数のサンプルを確認できます。

サイズ

AdMob 専用のディメンションは以下のとおりです。

AdSense API とそれに対応する AdMob ディメンション
AD_CLIENT_ID パブリッシャー ID

広告クライアントの ID。

例: ca-app-pub-1234567890123456

AD_UNIT_CODE 広告ユニット ID

広告ユニットのコード。広告クライアント全体で一意の値である必要はありません

例: 1234567890

AD_UNIT_NAME 広告ユニット名

広告ユニットの名前。

例: 「お客様のバナー名」

AD_UNIT_SIZE_CODE 形式(コード)

広告ユニットの形式。

例: bannernative

AD_UNIT_SIZE_NAME 形式(名前)

広告ユニットの形式名。

例: BannerNative advanced

APP_NAME アプリ

アプリの名前。半角 80 文字を超えた部分は省略されます。アプリストアでアプリ名が変更されても更新されることはありません。

例: Line UpFlood-It!

APP_ID Google Play ID または iOS バンドル ID

アプリの Google Play ID(先頭に 2: が付く)または iOS バンドル ID(先頭に 1: が付く)。

例: 2:com.labpixies.lineup1:476954712

APP_PLATFORM プラットフォーム

アプリのプラットフォーム。

例: AndroidiOS

BID_TYPE_CODE

入札方法(コード)

入札単価のタイプ。

例: cpccpm

BID_TYPE_NAME 入札方法(名前)

入札方法の名前。

例: CPC bidsCPM bids

COUNTRY_CODE

国(コード)

CLDR 地域コード。

例: USFR

COUNTRY_NAME

国(名前)

地域名。

例: United StatesFrance

DATE

日付

日付(YYYYMMDD 形式)。

MONTH

月(YYYYMM 形式)。

PLATFORM_TYPE_CODE 端末(コード)

プラットフォーム タイプのコード。

例: HighEndMobileTablet

PLATFORM_TYPE_NAME 端末(名前)

プラットフォーム タイプの名前。

例: High-end mobile devicesTablets

PRODUCT_NAME サービス

サービス名。

例: AdMob (Mobile Applications)AdSense for Search

WEEK

週の開始日の日付(YYYYMMDD 形式)。

指標

AdMob 専用の指標は以下のとおりです。

AdSense API とそれに対応する AdMob 指標
EARNINGS AdMob ネットワークの見積もり収益額

太平洋時間(PT)を基準として、現在までに得られた収益額です。この金額は見積もり額であり、各月末に正確な収益額が確定すると変更される場合があります。

REACHED_AD_REQUESTS AdMob ネットワークへのリクエスト数

実際の広告配信リクエストとして送信された、アプリによるリクエストの合計数です。

広告リクエストのうち、一部のプラットフォームの機能(フリークエンシー キャップやオーディエンス ターゲティングなど)でフィルタされたものは、この指標でカウントされません。

MATCHED_REACHED_AD_REQUESTS 一致したリクエスト

アプリからのリクエストに応じて広告が配信された回数です。

VIEWED_IMPRESSIONS 表示回数

アプリのユーザーに広告が表示された合計回数です。

CLICKS クリック数

ユーザーが広告をクリックした回数です。

REACHED_AD_REQUESTS_MATCH_RATE 一致率

広告が掲載されたリクエストの割合を示します。この値は、一致したリクエスト数を AdMob ネットワークへのリクエスト数で割って算出します。

例: アプリの一致したリクエスト数が 40 件で、AdMob ネットワークへの合計リクエスト数が 50 件だった場合、このアプリの一致率は 80% になります。

REACHED_AD_REQUESTS_SHOW_RATE 表示率

返された広告のうち、アプリでユーザーに表示された広告の割合です。広告の表示回数を一致したリクエスト数で割って算出します。

例: 一致したリクエストの合計数が 80 件だったものの、アプリで表示されたのはそのうち 60 件にとどまった場合は、アプリの表示率は 75% になります。

ヒント

AdMob の収益のみを確認する場合は、AdMob アカウント ID を使ったフィルタを設定します。たとえば次のようになります。

filter: "AD_CLIENT_ID==ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx"

同様に、1 つのアプリの収益を確認する場合は、アプリ ID を使ってフィルタを設定します。たとえば次のようになります。

filter: "APP_ID==1:476954712"

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。