CCPA 準拠に向けての準備

サイト運営者がカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)を遵守するのを助けるため、Google モバイル広告 SDK では、パブリッシャーが 2 つの異なるパラメータを使用して制限付きデータ処理を有効にするかどうかを Google に通知することができます。この SDK では、次のシグナルを使用して広告リクエスト単位で RDP を設定できます。

いずれかのパラメータが使用されると、Google は、一部の一意 ID と、パブリッシャーへのサービスの提供で処理されるデータの使用方法を制限します。結果として、パーソナライズされていない広告のみが表示されます。これらのパラメータは、管理画面の RDP 設定より優先されます。

制限付きデータ処理を CCPA 準拠に向けた準備にどのように活用するか、またいつ有効にするかは、パブリッシャーが決定します。これら 2 つのパラメータのどちらを使っても Google の広告配信への影響は同じですし、両方を同時に使用してもかまいません。

このガイドでは、これらオプションのパラメータを広告リクエストごとに有効にするために必要な手順を説明します。いずれの場合も、設定が NSUserDefaults に書き込まれます。

RDP シグナル

Google の RDP シグナルを使用して RDP を有効にする必要があることを Google に通知するには、値が YES のキー gad_rdp(正確な名前)を NSUserDefaults.standardUserDefaults に記述する必要があります。

    [NSUserDefaults.standardUserDefaults setBool:YES forKey:@"gad_rdp"];
    

IAB シグナル

IAB のシグナルを使用して RDP を有効にする必要があることを Google に通知するには、キー IABUSPrivacy_String(正確な名前)を使用します。使用する文字列値が IAB 仕様に準拠していることを確認してください。

    [NSUserDefaults.standardUserDefaults setObject:iab string
                                            forKey:@"IABUSPrivacy_String"];
    

メディエーション

メディエーションを使用している場合は、各広告ネットワーク パートナーのドキュメントを参照して、CCPA 準拠に役立つオプションをご確認ください。