gactions CLI

gactions は、アクション プロジェクトのテストや更新に使用するコマンドライン インターフェースです。

システム アーキテクチャ

適切なダウンロードを選択するため、ご使用のシステム アーキテクチャを確認する必要があります。

  • Mac OS X および Linux デバイスでは、ターミナル コマンド uname -a を使用してコンピュータの CPU アーキテクチャを確認できます。

  • Windows 10 デバイスでは、次の手順に従って CPU アーキテクチャを確認します。

    1. [設定] を開きます。

    2. [システム] をクリックします。

    3. [バージョン情報] をクリックします。

ダウンロード

次のオペレーティング システム用の gactions をダウンロードできます。

OS ダウンロード
Windows
Mac
Linux

要件

  • 適切なアクセス許可を設定して、ダウンロードしたファイルを実行可能にします。
    • Mac と Linux では、chmod +x gactions を使用してバイナリを実行可能にします。
    • Windows では、ファイルを実行するユーザーに管理者権限が必要です。
  • gactions のダウンロード場所を PATH 環境変数に追加する必要があります。

サポートされている引数

次の表に、gactions のサポートされている引数を示します。

引数 説明
helph このツールのヘルプテキストを出力します。次に例を示します。


$ gactions help

特定の引数に関するヘルプテキストを表示するには、次の構文を使用します。


$ gactions help argument

次に例を示します。


$ gactions help test
get アシスタント用アクションの特定のバージョンのステータス(審査中、本番環境、承認済みなど)を取得します。次の構文を使用します。


$ gactions get --project PROJECT_ID
init 次の構文で、現在のディレクトリにデフォルトの action.json ファイルを作成します。


$ gactions init

既存の action.json ファイルがすでに存在する場合、次の例のように --force 引数を追加することで、既存の action.json ファイルを上書きできます。


$ gactions init --force
list 次の構文で、アクション プロジェクトの直近のバージョン(審査中、本番環境、承認済みなど)を最大 10 件一覧表示します。


$ gactions list --project PROJECT_ID
test 次の構文で、アクション パッケージをテストのためにアシスタント プラットフォームに push します。


$ gactions test --action_package PACKAGE_NAME --project PROJECT_ID

次に例を示します。


$ gactions test --action_package mypackage.json --project my-project-1234567

次のオプションの フラグを追加すると、サンドボックス環境でのテストを無効にすることができます。
--disable_sandbox

--preview_mins フラグは非推奨になりました。

update 次の構文で、指定したプロジェクトのアクション パッケージを更新します。


$ gactions update --action_package PACKAGE_NAME --project PROJECT_ID

次に例を示します。


$ gactions update --action_package action.json --project my-project-1234567

update 引数を使用するには、アクションのプロジェクト ID を使用する必要があります。プロジェクト ID を取得するには、Actions on Google プロジェクトで歯車アイコン設定をクリックしてから、[プロジェクトの設定] をクリックします。

アクション プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、アクション パッケージのドキュメントをご覧ください。

selfupdate gactions は各コマンドが実行される前に自動的に更新をチェックしますが、selfupdate を使用して手動で更新をチェックすることもできます。


$ gactions selfupdate

詳細出力を表示する

処理中に詳細な出力を表示するには、--verbose フラグを追加します。次に例を示します。

$ gactions --verbose test --action_package action.json --project my-project-1234567