ユーザー エンゲージメント

アクションで更新および通知機能を使用すると、定期的な毎日の通知とプッシュ通知でユーザーにアプローチできます。アクションを通じた通常の会話中、次の 2 つの有料会員登録モデルで通知を受け取るように促すことができます。

  • 毎日の通知: ユーザーが指定した時間に Google が通知を提供します。
  • プッシュ通知: アクションが適切と判断したときに通知を提供します。

ルーティンの提案を使用すると、ユーザーがアクションにアクセスした後に、アクションをルーティンに追加するように促すことができます。アクションは、数回タップするだけでユーザーの毎日のルーティンに追加されます。

この最初のバージョンでは、通知がユーザーが使用しているアシスタント対応スマートフォンのシステム通知として提供されますが、今後は新しいアプローチにも対応していく予定です。

ユーザー エクスペリエンス

更新と通知のユーザー エクスペリエンスは次のステップから構成されます。

提案

まず、アクションが更新と通知を事前に提供できることをユーザーに知らせる必要があります。ユーザーとの通常会話中、更新の提案を行います。たとえば、リクエストされたコンテンツをユーザーに表示するときに、類似したコンテンツを毎日配信できることをユーザーに知らせます。

場合によっては、Google から更新や通知を提案することも可能です。たとえば、ユーザーが 3 日連続で同じアクションにジョークをリクエストした場合、コンテンツを毎日受信するかどうかを Google が自動的に確認できます。

カスタマイズ

更新や通知の種類によっては、ユーザーにオプトインしてもらうようリクエストする前に、そのユーザーから追加情報を収集することが必要になる場合があります。たとえば、天気予報の更新情報を提供する場合、適切なコンテンツを提供するために、ユーザーがオプトインする前に郵便番号を取得しておく必要があります。

オプトイン

ユーザーにプロアクティブなエクスペリエンスを提案し、必要な情報を収集したら、任意の時間または指定の時間に通知を push することにユーザーから同意を得る必要があります。

Google では、毎日の通知にオプトインできる組み込み機能を用意しています。アクションでは、さまざまな種類の通知へのオプトインを提供できます。たとえば、ニュース アクションでは、ニュースの概要を毎日配信し、プッシュ通知で速報を提供できます。

通知の受信

ユーザーがオプトインすると、定期的な通知とアプリによる通知がユーザーに送信されます。

ユーザーは、アシスタント対応のスマートフォンでアシスタント アクションからの毎日の通知とプッシュ通知をシステム通知として受信します。ユーザーがこれらの通知をタップすると、フルフィルメントによりアシスタントとの会話が開始し、通知によってリクエストされたインテントがトリガーされます。

通知の管理

ユーザーは、次の 2 つの方法でアクションからの通知受け取りを中止できます。

  1. スマートフォンで受信した通知の [オフにする] ボタンをタップする。ユーザーがこのボタンをタップすると、Google は、その通知を送信したアクションからの通知を受け取らないようにすることを確認します。
  2. アシスタントに「action_name からの更新の送信を止めて」という。action_name は、対象のアクションの名前です。

次のステップ

毎日の通知を追加する。毎日の通知ガイドをご覧ください。

アクションにルーティンの提案を追加する。ルーティンの提案のガイドをご覧ください。

アクションにプッシュ通知を追加する。プッシュ通知のガイドをご覧ください。